生産者名 池田 道明 さん

生産地
熊本県玉東町
生産品目
果樹

s-P1010018

s-P1010007見晴らしのいい高台でみかんの木に囲まれて生活されている自然栽培みかん農家、池田道明さん。

 

7年前、本格的に自然栽培に切り替えた当初は、農薬・肥料を一度に無くしたことでカイガラムシ、カメムシなどの害虫被害を徹底的に受けられたそうです。

当時を振り返り「まずは肥料を切るのが先。農薬だけを切る人がいるけど肥料の臭いで寄ってきたカイガラムシ、カメムシにやられてしまい木の体力がなくなってしまう。肥料を無くして3年くらいで虫の被害も減ってくるからそれから農薬を切ったがいいね。」と成長した果樹の前で仰っていました。

なぜ虫がやってくるのか、その環境をよく観察し、農薬を切る時期も見定めて来られた、池田さんの努力によって、害虫を退治してくれる蜘蛛やてんとう虫が増えスムーズに農薬を無くすことが出来たそうです。

また雑草の問題に関しても、池田さんの果樹園では蔓(かずら)というつる性の植物を切らずに踏み倒すという方法をとられています。蔓は自立できないつる性なので放っておくと果樹に巻き付き生育を阻害してしまいますが、踏み倒すことで他の雑草を抑えてくれます。除草ではなく自然と共存しようとする池田さんを植物や虫たち、自然が助けてくれているように感じました。

苗木もついに実っていました!!

最初から肥料・農薬を一切使用しない環境で育ってきた、より“こだわり”の自然栽培みかん。

見た目はまるで農薬をまいたような!!整い方。(池田さん談。それほどまでに美しいということです)ほとんど虫の被害を受けていません。 もちろん、毎日毎日みかん園を見廻り、わが子を育てるように献身的にサポートされた結果だと思いますが、人為的な農薬・肥料は必要ないということが実証されたのだと感じました。

早速このみかんをいただき、食べてみると初々しい爽やかな酸味と、それを包み込むような優しい甘味に思わず「ウマッ!!」と絶叫!!あまりにも美味しそうに食べていたからか、お土産にもたくさん頂きました!!

帰りの車中、頂いたみかんをおそらく、、、6、7個、、、食べすぎてお腹がタプタプしましたが、最後の一個まで最初の一個を食べたときの「ウマッ!!」という衝撃がありました。

皆さんも池田さんの自然栽培みかんを食べて「ウマッ!!」と叫んでくださいね!!

s-P1010007

関連商品

生産者を検索