数量限定<2020年度産>菊池市七城町冨田親由さん 自然栽培米 菊池の輝き 3kg~

  • NEW
  • 限定品
  • 自然栽培
  • 人気商品
  • 常温
量目(分搗き)
数量
販売価格(税込)
3,385~5,967

お気に入りはログイン後、追加が可能となります。

熊本県菊池市七城町。
日本有数の米処として全国的に有名なこの地で、自然栽培の稲作・畑作に長年取り組む冨田親由さんはいます。
自然農法の祖である、岡田茂吉氏の教えに感銘を受け40年前より無肥料・無農薬のお米作りをされています。
その品質の高さから、全国的な知名度も高く、通常販売すればすぐに完売するほど。
また、冨田さんは自然栽培全国普及会の九州ブロックの初代会長として、稲作・畑作での自然栽培の普及にも尽力された功績があります。


収穫前に、きれいにそろっている稲穂 収穫前に、きれいにそろっている稲穂


「菊池の輝き」は冨田さんがヒノヒカリから20年以上自家採種を続けて栽培される中で、生まれた品種です。

2018年の米作りの中で、1株だけ周辺のお米より背が高く、様子が違ったことから、収穫される際に分けてその株だけを収穫されました。
そして2019年の栽培で作付け、収穫、この年の収穫分は次期作分の種用に回され、


ついに2020年の栽培で出荷できるだけの量が収穫できたため、ここで初めて食味を確認。
実際に食べるまでドキドキだったそうです。

収穫後に親由さんから、こんな味だったよと、電話を頂き、電話越しにも嬉しそうなのが伝わってきました。


収穫する冨田親由さん 収穫する冨田親由さん

選抜して、育てたお米は食べるまでどんな味なのかはわかりません。
お米の栽培は1年に1回しか試すことが出来ません。
選抜した、新しい特徴を持つ稲を栽培して、成長の様子を見て、味を見てと、

非常に時間がかかるうえ、必ずしもその稲が栽培に向く、販売に向くものとは限りません。


冨田さん一家は娘の咲希さんと、息子の和孝さんが畑作・稲作の後継者として自然栽培に取り組まれています。
自然栽培米の田んぼは、息子の和孝さんと一緒に取り組まれています。

収穫後の調整作業 収穫後の調整作業

お米のでんぷん質はアミロースとアミロペクチンから構成され、アミロペクチンの割合が多いとよりもちもちとした食感が強くなります。例えばもち米はアミロペクチンのみで構成されています。

収穫後検査に出されたところ、通常のヒノヒカリよりもアミロペクチン値が低く、数値的にも今まで栽培されてきたヒノヒカリとは若干性質が異なることがわかりました。


収穫後、乾燥、もみすりを終えたお米 収穫後、乾燥、もみすりを終えたお米


その土地の気候や、水の性質、土の性質、様々な要素がある中で、菊池の環境があったからこそ生まれた品種と言えます。
そんな想いをこめて、「菊池の輝き」という名前を選ばれました。




九州熊本県冨田さん無肥料・無農薬・自然栽培米 冨田さんの自然栽培のお米と天日湖塩だけで握ったおにぎり。何よりのご馳走です。
品種 ヒノヒカリ
生産者 冨田 親由
生産地 熊本県菊池市七城町
農法 自然栽培13年以上・無農薬30年以上
種情報 ヒノヒカリより自家採取26年
サイズ・内容量 3㎏~
商品コード 3101024
ポイント 62~110 Pt