新米【令和三年産 2021年産】熊本県御船町 河地和一さん 自然栽培米ヒノヒカリ

  • NEW
  • オススメ
  • 限定品
  • 自然栽培
  • 人気商品
  • 常温
量目(分搗き)
数量
販売価格(税込)
3,385~5,940

お気に入りはログイン後、追加が可能となります。

お待たせしました! 2021年度産 ”新米” 入荷です。
新米ならではの美味しさを、ぜひお楽しみくださいませ!

「熊本の自然栽培に河地あり」

自然栽培田んぼの中の河地和一さん


熊本県御船町。
吉無田水源からの清流がいきわたるこの土地で、自然栽培に取り組んでいる河地和一さん。1987年から無農薬栽培に取り組み、2004年から自然栽培に取り組んでいます。

お米以外にも年間を通して自然栽培の野菜を切らすことなくピュアリィに出荷していただいています。
ピュアリィ創業当時からのお付き合いがあり、「熊本の自然栽培に河地あり」と言われるほどの、熊本を代表する自然栽培農家さんです。

河地さんが、無農薬栽培を始めたきっかけは、お父様の死でした。
「若くしてこの世を去った父親。当たり前の様に農薬を使う事が影響していない訳がないと思いました。自分は絶対に農薬を使わないで育てようと、今から30年前に決意しました。」

河地さんの自然栽培米の稲穂


自然栽培というと、肥料もやらない野放しの栽培方法と勘違いされる方もいると思います。しかし、実は「自然栽培こそ一番手がかかる」と河地さんは言います。
農薬と肥料を使わないからこそ、農家さんにとって苦労の多い農法なのです。

農薬をまくと、害虫を駆除するばかりでなく、土壌に生息している有益な微生物まで殺してしまいます。
そのため、土が痩せ、余計に肥料をやらなければならなくなります。
余計に肥料を与えることが、新たな病気や害虫を呼び寄せ、さらに農薬を使用します。
そして、そのような、農薬と肥料漬けで育った作物は、「見た目は立派でも病気や虫に対する抵抗力が弱い野菜になる」と河地さんは言います。

だからこそ、河地さんは”土づくり”にこだわります。
豊かな土壌で育てていれば、野菜は本来農薬も肥料も必要ありません。
水はけがよく、水持ちがよく、温かい土になるための土つくりを日々されています。

自然栽培の田んぼを覗く河地さん。たくさんの生き物が共存しています。



名水百選の吉無田水源が育む美味しいお米

河地さんは、熊本県御船町・名水百選にも選ばれている吉無田水源の麓で、代々農家をされています。
吉無田水源は江戸時代に240万本にも及び植林により出来た水源です。
こんこんと湧き出る豊かな湧水は地元御船町を潤し、近隣から多くの方が水を汲みに来ている名水です。
河地さんの田んぼには吉無田水源の湧水が直接流れ込み、ミネラルをたっぷり含んだ水が美味しいお米を育てています。


熊本名水百選の吉無田水源。豊かな清流が御船町に行き渡ります。


河地さんと共に吉無田水源の源流へ水を汲みに行ってきました!良い気が流れるとても気持ちの良いところでした。


河地さんの自然栽培田んぼの夏の様子。イモリ、カエル、ゲンゴロウ、アメンボ・・・が。


田んぼは山間の棚田にあり、河地さんお気に入りの飯田山が目の前にそびえます。
「ここは、イモリ、カエル、ゲンゴロウ、アメンボとなんでもいる。20年くらいもう農薬を一切使っていません。」
おもむろに、田んぼの横の方に行くと、「ここはイモリ専用の用水路だよ」とのこと。
なんと、そこに住むイモリが冬を越せるための用水路まで作られていました。
イモリのことまで考えられて農業をしている河地さん。
本当に自然の優しさを感じます。

今では減ってしまった日本タニシの姿も。


また、この地は河地さんが書いた絵本『ガオー』の始まりの場所でもあります。
嬉しそうに絵本のシーンを解説してくれ、思わずみんな、笑みがこぼれました。

自然栽培で作るお米やお野菜は、土の状態や天候に左右されやすく、育ち方に差が出がちです。
「それでも、懸命に根を張って、生きよう伸びようとする姿には感動すら覚えます」と河地さんは言います。
「自然栽培の野菜は、はっきりいって色も薄めで株も小さく、見た目はぱっとしませんが、食べてみると全く違います。苦みやえぐみがなく、野菜本来の甘さが際だつのです。」
収穫したお野菜を手に、嬉しそうに語る河地さんが印象的でした。



河地さんは御船町の地域活性化にも熱心に取り組まれています。
毎年夏に開催される地元御船町のお祭りでは、全長4mもある恐竜ねぶたの製作を河地さん中心となって取り組まれてきました。
製作したねぶたは昨年までで計3体。

河地さん力作の恐竜のねぶた。すごい迫力でした。


お祭りの前後では県内の様々な施設にも展示されるなど、各方面でひっぱりだこです。
その恐竜をモデルにした『ガオー!』という絵本製作も、絵から文章まですべてを手掛けられ、絵本作家としてもデビューされています。


“自然栽培農家”と”芸術家”という顔を持つ河地さん。
地震を乗り越えた今年の自然栽培米は、河地さんの想いが一段と乗った格別な美味しさです。


毎年お世話になっている河地さんの自然栽培田植えツアー。泥の感触がいい感じです。


稲刈りツアーでは稲刈り機になることもできます。収穫後は新米のおにぎりを頂きました。



10年以上自家採種を続けるヒノヒカリ

河地さんが毎年種採りを続けている自然栽培のヒノヒカリ。
ヒノヒカリは、ふっくらとした炊き上がりとほのかなお米の甘みを感じる食味に優れた品種です。
熊本を代表する品種です。

種採りを10年以上続けているヒノヒカリ。ふっくらとした炊き上がりと美味しい食味が特徴です。


吉無田水源の湧水と山間の棚田が織り成す河地さんの自然栽培ヒノヒカリは、炊き上がりの薫りがまず違います。
お米本来の良い香りが漂います。
一口、まずはお米だけで食べてみてください。
きっとその美味しさに驚かれることでしょう。

ぜひ、お試しください。

炊き立ての自然栽培米。大自然の恵みで育った自然栽培米をお召し上がりください。





常に笑顔を絶やさない河地さん。ピュアリィスタッフと大の仲良し。いつもありがとうございます!



◇ピュアリィ宅配の自然栽培米に対するこだわり◇

ピュアリィでは、信頼のおける九州の自然栽培農家さんの自然栽培米のみをお届けしています。
お届けする自然栽培米はすべて、下記3つの条件を満たしています。

1.一切の農薬・肥料(化学肥料・有機肥料)を使用していません。
2.種は農家さんが自家採種(種採り)を続けている自然栽培米のみです。
3.自然栽培圃場歴(田んぼの自然栽培歴)3年以上の自然栽培米のみです。

産地担当者が一人ひとりの農家さんと必ずお会いし、実際に田んぼを見て、圃場履歴・生産履歴を確認いたします。
そして、度重なる品質の確認、生産履歴の調査を経て、安心と信頼ができる九州の自然栽培契約農家さんから直接仕入れを行っています。

また、ただ仕入れを行うだけでなく、自然栽培全国普及会九州ブロック事務局として、農家さん向けに自然栽培の勉強会や懇談会、講演会を定期的に行っています。
消費者の方向けにも、田植え、稲刈り、餅搗き、その他援農ツアー、ナチュラルライフスクールなどを実施し、自然栽培・ナチュラルライフの普及に努めています。

私たちピュアリィは、消費者・生産者・流通が三位一体となって自然栽培の世界観を広げ、自然と調和した持続可能な社会の実現を目指しています。


◇ルーツピュアリィの自然栽培に対する想い◇

自然栽培は、農薬や肥料を一切使わず、地球への環境負荷がない、未来へ繋がる農業です。
自然栽培のお米・お野菜は、植物本来の力でゆっくりじっくりと育ちます。
そして、生命力溢れ、美味しい作物に育ちます。
自然栽培のお米・お野菜を食べることは、食べてくださる方々の健康にも寄与し、そして地球を浄化します。
私たちは、そんな自然栽培の世界を日本中に広げていきたい。
そして、自然栽培に取組む農家さんを応援していきたいと考えています。

自然栽培は、農薬・肥料に頼れない分、病気や虫、気候変動等のリスクの影響を受けやすい面もあります。
土づくり、種採り、除草や品質管理など、大変な手間と労力がかかります。
その反面、JAなどの市場では通常の作物と同じような価格で扱われてしまうことがあります。

私たちは、市場を介さず契約農家さんから直接取引をしております。
それにより、農家さんに適正な利益が残り、安心して自然栽培を継続していただく仕組みを作っています。
ピュアリィを通じて自然栽培のお米・お野菜を食べて頂くことは、未来へ繋がる農業の普及を後押ししていただくことになり、自然栽培に挑戦し続けていく農家さんの支援となります。
そして何より、ご自身やご家族の健康な生活に繋がります。

ピュアリィの想い、自然栽培米の良さに共感頂ける方は、どうぞ末永くお付き合いいただければ幸いです。


ピュアリィ自然栽培宅配定期便 お申込みフォームはこちら
品種 ヒノヒカリ
生産者 河地 和一
生産地 熊本県御船町
農法 自然栽培(10年以上)
種情報 ヒノヒカリより自家採種
サイズ・内容量 3㎏・5㎏
商品コード 160726-001-002-3
ポイント 62~110 Pt
This week’s Special

その他おすすめ商品

熊本県産 平飼い自然有精卵

熊本県産 平飼い自然有精卵

658
数量
出水産 焼き海苔「薫」 10枚

出水産 焼き海苔「薫」 10枚

702
数量