川越さんの高菜漬け

数量(P)
数量
販売価格(税込)
702~3,333

お気に入りはログイン後、追加が可能となります。

漬け物作りが盛んな宮崎県田野町で自然栽培に取り組まれる川越俊作さん。
素材、調味料にまでとことんこだわり抜いた、完全無添加の自然のまま奥深い味わいのお漬物。
調味料には、天日湖塩、蔵のお酢、木桶熟成醤油を使い、じっくりと乳酸発酵させています。
野菜の味が活きる優しい味付けです。
塩分濃度を高くすることで、保存料などの添加物を使わず、塩抜きの手間をかけ食べやすくしてパッケージされています。

高菜漬けのアレンジレシピ紹介
高菜漬けのおやき
おやつや軽食におすすめの一品です。
▼レシピはコチラです。
高菜漬けのおやき


九州トップクラスの土を誇る川越さん
宮崎県を代表する自然栽培農家さんである川越俊作さん。
ピュアリィでは里芋、生姜、大根、にんにく、らっきょなどで大変お世話になっている農家さんです。
川越さんは、「八重桜会」という若手を中心とした自然栽培生産者会を主催されており、自然栽農家さんをけん引すると共に、若手農家さんの育成にも力を入れています。


九州宮崎県川越さん・八重桜会の無肥料・無農薬・自然栽培生姜・自然栽培生姜 日本の農の将来に関して語る川越さん。宮崎の地だけでなく、日本全体の農の行く末を常に考えられています。

九州宮崎県川越さんの自然栽培生姜・自然栽培生姜 団粒化した自然栽培畑の土。

「野菜は結果・土台が大事」
自然栽培を始められる新規就農者は、有難いことに近年増え続けています。
しかし、このグループは「とにかく土づくりをやる」。
このことを繰り返し話される姿に、自然栽培に対する強い熱意と、自然に対する敬意を深く持たれていることを感じました。
『八重桜会』は川越俊作さん率いる宮崎・自然栽培生産者のグループ
「まずは換金できない牧草や麦を中心とした土づくり。野菜は結果。土台が大事なんだ。」と、まず野菜が育ちやすい環境を作ること。
この土づくりを、作物を作る前の2~3年は集中して行われています。
いわゆる“団粒化”という土の状態、さらに“雑草も生えない状態”にするのが理想的ですが、その土づくりに向けての宮崎でのプロセスを、川越さんはご自身の経験から確立されており、その経験を惜しみなくグループのメンバーへ伝えていかれます。
そのプロセスでは、まず植物の根で土壌を砕いていき、そこに、その腐植をすき込みながら微生物の活動を盛んにしていく。
その腐植のすき込むタイミングが肝心で、自然栽培ですから本来はそこにある植物が生命をまっとうして(枯れてから)すき込むのが理想ですが、まずは、雑草の生えない土づくりの為に、最初はまだ植物が青い状態で刈り取り、完全に枯れてからすき込む。とにかくこれを年に3回くらいのペースで続けていく。「これは不自然農法と言わざるを得ないが、この“連発”といわれる作業を繰り返し、土の状態を見ながら、腐植をすき込む間隔をあけていき、最後には“生命のまっとう”といわれる状態、植物がしっかりと枯れきったタイミングですき込んでいく。」このプロセスこそが、団粒化された雑草も生えない“自然栽培土壌”を作り出すのです。
そこで育った作物は、しっかりと根を張り、自然の力で確実に成長していき、雑味の無い後味のすっきりとした、心から美味しいと思える作物へ成長するのだと実感しました。
生産者 川越 俊作
生産地 宮崎県田野町
農法 自然栽培
原材料 塩漬け高菜(高菜(宮崎県産))、漬け原料(醤油、梅酢、有機砂糖、本みりん、お酢、塩、唐辛子)
サイズ・内容量 150g
商品コード 3501002
ポイント 13~61 Pt
This week’s Special

その他おすすめ商品

川越さんの自然栽培切干大根 100g

川越さんの自然栽培切干大根 100g

669
只今品切れ中です。