• オススメ
  • ピュアリィオリジナル
  • 自然栽培
  • 人気商品
  • 常温

九州産自然栽培米仕込 本格焼酎「九州」 720ml ※「20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。未成年者の方のお申込みはお受け出来ません」

販売価格(税込):
2,648
販売価格(税抜):
2,452
生産地 熊本県球磨郡多良木
原材料 米(熊本県産・福岡県産・佐賀県産) 米麹(熊本県産)
サイズ・内容量 720ml
商品コード 0200706000000
ポイント 49 Pt
メーカー ナチュラル&ハーモニック ピュアリィ
関連カテゴリ

ピュアリィオリジナル

加工品 > 飲料

創業以来、全行程手造りにこだわる

熊本県球磨郡多良木町。
ここにピュアリィオリジナル米焼酎『九州』の仕込みをして頂いている那須酒造場はあります。
世界的なブランドとなった球磨焼酎の蔵元の一つで、機械に頼らず一つ一つの工程を手造りで行い、ご家族で焼酎造りをされています。
創業は1915年、現在は4代目の那須雄介さんが杜氏。
機械に頼る大量生産ではなく、全て人の手による焼酎造り。
人の管理できる範囲を超えない様に少しずつ少しずつ、焼酎の気配を感じ対話しながら焼酎造りをされています。

九州球磨地方無肥料・無農薬・自然栽培九州 左からスタッフ宮川、四代目杜氏那須雄介さん、自然栽培米生産者の河地和一さん、スタッフ川本。


九州球磨地方無肥料・無農薬・自然栽培九州 数多くの受賞歴。那須酒造場は日本一の米焼酎に二年連続で輝く実力ある焼酎蔵です。


米焼酎造りは、原料となるお米を洗う作業から始まります。
創業当時から使われている木桶を使い、手作業で洗い、浸水し、ざるに移して天日干しで乾かします。一般的には、機械で一気に洗ってしまうところを、那須さんは「職人の勘」でお米毎に微妙な調整を加えながら、洗米しています。
「お米の作り手、品種、状態に応じて、洗い加減を微妙に変えています。その微妙な勘による調整が、焼酎の仕上がりに響いてくるんです。」

九州球磨地方無肥料・無農薬・自然栽培九州 手作業での洗米。木桶を使い丁寧にお米を洗っていきます。


九州球磨地方無肥料・無農薬・自然栽培九州 洗ったお米の水切り。木ざるで水をきります。


九州球磨地方無肥料・無農薬・自然栽培九州 天日で洗ったお米を干し、乾かします。お米を洗って乾かすだけで、大変な重労働です。


洗米後は、大きな木桶でお米を蒸していきます。
この蒸す作業もただ蒸す訳ではありません。
「お米の状態に合わせて、途中混ぜたり、水を加えたり、時間を変えたりしています。お米によって、ここでも微妙な調整を加えています。」
洗い・蒸すという行為だけでも、大変な手間と職人の勘がそこに掛かっていることに、大変驚かされました。

九州球磨地方無肥料・無農薬・自然栽培九州 木桶でお米の蒸しあげ。昔から使う木桶でゆっくりと蒸します。


九州球磨地方無肥料・無農薬・自然栽培九州 木桶で蒸したお米。お米の甘みが伝わる優しい美味しさです。


九州球磨地方無肥料・無農薬・自然栽培九州 蒸したお米を冷まし、籠で石室へ移します。



貴重な杉の木による「もろ蓋麹法」

その後、蒸しあがったお米を適温に冷まし、石室(むろ)に入れて麹を造ります。
那須酒造場では麹造りの中でもっとも複雑で熟練の技術を要する「もろ蓋麹法」で麹造りを行っています。

まず、石室の中央にある床(とこ)にお米を寝せ、麹菌を振りかけ、手でよくかき混ぜます。

九州球磨地方無肥料・無農薬・自然栽培九州 床(とこ)に寝せたお米に麹菌を振りかけます。


九州球磨地方無肥料・無農薬・自然栽培九州 麹菌をお米によく揉み込んでいきます。

九州球磨地方無肥料・無農薬・自然栽培九州

そして、一昼夜寝かせ、できた米麹をもろ蓋に小分けします。
もろ蓋とは木で作られた小さな平箱のことで、那須酒造場では全国的にも大変貴重な杉の木のもろ蓋を使っています。
その後、もろ蓋に小分けした米麹を、更に一昼夜寝かせ、一つ一つを何回も手入れをすることで、むら無くきめ細やかな麹を造っていきます。

九州球磨地方無肥料・無農薬・自然栽培九州 米麹をもろ蓋に小分けしていきます。


九州球磨地方無肥料・無農薬・自然栽培九州 一日に何度もかき混ぜたり位置を変えたりし、気にかけていきます。


こうして、大変な手間と時間と労力を掛けながら、旨い焼酎を造り上げるための最高の麹が生み出されていくのです。

九州球磨地方無肥料・無農薬・自然栽培九州 完成した米麹。焼酎造りに最高な米麹が完成します。



伝統の全量甕壺仕込み

米麹が出来たら、いよいよ甕壺でもろみを仕込みます。
もろみとは、米麹に水と酵母を加えて発酵させた米焼酎の主原料のことです。
那須酒造場では創業から甕壺でのもろみ仕込み。
地中に埋めた甕壺内で、発酵を行う仕込み法です。
石室で出来た米麹と球磨川水脈の豊かな地下水、酵母を甕壺に入れ、1週間以上発酵させます(=一次仕込み)。

九州球磨地方無肥料・無農薬・自然栽培九州 甕壺での仕込み。創業以来、全量甕壺仕込みにこだわります。


九州球磨地方無肥料・無農薬・自然栽培九州 甕壺での発酵。創業以来の甕壺を大切に修繕しながら使い続けています。


一次仕込み後、追加で蒸したお米と水を再度甕壺に足し、更に2週間以上発酵させます(=二次仕込み)。
那須酒造場は、一次仕込み・二次仕込み共に全量甕仕込みを行っています。

九州球磨地方無肥料・無農薬・自然栽培九州 二次仕込み様の蒸し米を追加します。


甕仕込みを行う焼酎蔵すら貴重となった現在、一次・二次仕込み共に、甕仕込みを行っている蔵元は全国にもほとんどありません。
「国産の大甕は今ではどこも作っていません。私たちは創業から修繕を重ね、大切に大切に使い続けています。」

九州球磨地方無肥料・無農薬・自然栽培九州

九州球磨地方無肥料・無農薬・自然栽培九州 定期的に櫂入れを行い、かき混ぜていきます。


甕仕込みを行うことで、甕の丸い形状による対流効果、甕の通気性や磁性などの様々な効果により、深いコク、それでいて口当たりの良いまろやかな味わいに仕上がります。
「仕込みシーズンである11月~4月は、甕壺からもろみが発酵する『パチパチ』という弾ける様な聞こえます。辺りが甘いバニラの様な良い香りに包まれます。」


九州球磨地方無肥料・無農薬・自然栽培九州 完成したもろみ。甘いバニラの様な良い匂いがします。


20日間以上の甕壺による一次仕込み、二次仕込みを経て、ようやくもろみが完成します。
完成したもろみは、お米がトロリと液化し、甘く良い匂いがします。
そのもろみを、蒸留器に入れて蒸気で熱し、焼酎の成分だけを抽出していきます。

九州球磨地方無肥料・無農薬・自然栽培九州 那須酒造場唯一の機械である蒸留器。焼酎の成分だけ蒸留していきます。


そして、約300kgのお米からアルコール43度程度の焼酎が300L程できます。
この蒸留器が那須酒造場での唯一の機械らしい機械。
この工程以外は、ほとんど昔ながらの手作業です。
「この蔵には電気を使うものがありません。瓶の洗浄機くらいです(笑)。」
その何気ない言葉から”手造り”への強いこだわりを感じます。


長期貯蔵・樫樽熟成を経て生まれる『九州』

蒸留したての焼酎は、まだまだ荒々しさが残ります。
そのため、長期貯蔵による熟成を行い、甘み、まろやかさ、風味を豊かにしていきます。
約3ヶ月間、何度も櫂入れを行い、理想的な熟成となる様に、職人の技と勘で長期に渡り焼酎を貯蔵していきます。

そして、ようやく、全量甕壺・手造り仕込みの米焼酎は完成します。
この状態でも十分すぎる程、美味しい米焼酎なのですが、ピュアリィオリジナル米焼酎『九州』はもう一手間が加わっています。
それは、専用の樫(オーク)樽による、長期熟成です。

九州球磨地方無肥料・無農薬・自然栽培九州 オーク樽による長期熟成。樫の風味、色がつきます。


完成した米焼酎を樫樽に移し、約半年~1年以上の歳月を掛けて熟成させていきます。
樫樽で更に長期熟成させることで、樫の香り・風味、琥珀色の美しい色味を着けることができます。
それにより、米焼酎の香り・美味しさの中にも、柔らかな甘みと樫の仄かな香りを感じて頂ける焼酎に仕上がります。

この様にして、大変な手間と労力と技と、そして米焼酎造りへの熱い想いが結集して出来た、ピュアリィオリジナル米焼酎『九州』。
一口飲んで頂ければ、自然栽培米の豊潤な香りと飲み当たりの良さから、きっとファンになって頂けると自信を持ってお勧めする米焼酎です。

ご自身用にはもちろん、ご贈答やお土産にも喜ばれる本格米焼酎『九州』。
ぜひ、お試しください。

九州球磨地方無肥料・無農薬・自然栽培九州
商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力