• 残りわずか
  • オススメ
  • 限定品
  • 自然栽培
  • 人気商品
  • 常温

<一時欠品中>鹿児島県宝島 舩水礼さん 無肥料・無農薬バナナ 500g~

販売価格(税込):
1,080~5,832
販売価格(税抜):
1,000~5,400
申し訳ございません。
只今品切れ中です。
品種 三尺バナナ
生産地 鹿児島県鹿児島郡トカラ列島宝島
農法 無肥料・無農薬栽培
種情報 果樹
サイズ・内容量 500g(5,6本程度)~
商品コード 20170329-05~20170329-30
ポイント 20~108 Pt
関連カテゴリ

お野菜・果物

※ご注文殺到につき、一時欠品とさせております。大変申訳ございません。※

※鮮度保持のため、入荷後すぐに発送いたします。そのため、恐れ入りますがお支払い方法は【代金引き換え】か【クレジット決済】をご選択お願いいたします※

※数量限定・鮮度保持のため、発送日を6/13・14に限定させていただきます。それ以外の発送は対応しかねますので、予めご了承ください※


無農薬・無肥料・無除草剤で作る国産オーガニックバナナ
<大変貴重な国産バナナにつき数量限定で発売中です>

日本の最後の秘境と呼ばれる、トカラ列島「宝島」。
鹿児島県鹿児島郡に属す十島村の7つある島のうち最も南に位置する最後の島で、鹿児島より週2便のフェリーでおおよそ13時間。奄美大島のご近所の島です。
島民は約100人、島民は皆顔見知りというほど平和で自然豊かな島.
舩水礼(フナミズレイ)さんはこの島に移り住みバナナ栽培をしています。

無農薬・無肥料の国産オーガニックバナナ 宝島の丘からの風景。小さい島ですが、自然にあふれています。


埼玉県出身の舩水さんは東日本大震災による原発事故の影響を懸念し、熊本に移住。
その後たまたま訪れることになったトカラ列島宝島で島での暮らしに感動され、2015年に奥さんの綾香さんとともに島へ移住し、農業で生計を立てていこうと決心しました。
「もともと、育った家庭、環境がどちらかと言えば自然派でした。健康な身体の大切さや、良い食べ物の美味しさ、大地の大切さ、昔から耳にタコができる程聞かされていましたね。」
ですので「農業を営む」と決心した時点で、オーガニック・無農薬、そして自然栽培に挑戦していく事は前提だったといいます。

無農薬・無肥料の国産オーガニックバナナ 収穫したての無農薬・無肥料バナナを持つ舩水礼さん。とにかくでかい!


現在、私には、1歳になる息子作良(さくら)がいますが、口にするものもとても考えさせられます。今の時代は変な食べ物がとても多く、野菜にしても、お菓子にしても飲み物にしても安心して食べさせられるものは本当に少ないですよね。」
舩水さんは、「自分が子供に食べさせられないものを作り、他人に食べていただくなんてことはできない」という気持ちから、無肥料・無農薬の自然栽培バナナに挑戦されています。

無農薬・無肥料の国産オーガニックバナナ 奥さんの綾香さんと息子作良君。家族三人で宝島に住んでいます。


完全無除草剤で挑むオーガニックバナナ

舩水さんが無肥料・無農薬で栽培しているバナナは三尺バナナと言って、いわゆる小ぶりの島バナナとは違った品種です。
島内にある三尺バナナは元を辿ると戦時中に持ち込まれた苗でした。
戦時中、バナナがとてもとても貴重で、島外から来る漁師さんと魚との物々交換で使われていました。
三尺バナナは、地面から三尺(約90cm)の場所に実を付けるので、ちょうど収穫しやすいバナナです。
また、バナナ栽培をするうえで大きな問題となる台風も通常より背が低いことで比較的少ないのです。
それでも、背を高く伸ばす茎と“うちわ”の様な大きな葉を持つバナナは、台風の数も規模大きい宝島ではもろに被害を受けてしまいます。
そのため、天気予報で大型台風が接近していると知るや否や、舩水さんは木が倒れてしまうのを防ぐため、大きな葉を全て切り落としていきます。

無農薬・無肥料の国産オーガニックバナナ 袋掛けした無農薬・無肥料バナナを収穫する舩水さん。袋掛け・収穫とすべて手作業です。


また、台風以外にも無肥料・無農薬バナナを作る上で大きな問題があります。
南国特有の“バナナゾウムシ”という虫です。
バナナゾウムシはバナナの苗の頃から幹の中に寄生し、バナナの成長とともに幹の中を食い荒らしてしまいます。
それでもバナナは実を付けますが、食べられてしまいスカスカになった幹は収穫直前の実の重さに耐えられず折れてしまいます。
この虫が実を食べることは無いのですが、運よく収穫できたとしてもバナナゾウムシの被害の無いバナナに比べると味に差が出てしまうそうです。

小さいながら深刻な被害をうむバナナゾウムシ。
対策は今のところ寄生された幹を畑の外に持ち出す方法しかありません。
そのために、卵を産み再び繁殖する前に、重さ50kg以上のバナナの木を引きずりながら畑の外に運びます。
それは大変な重労働。舩水さんは朝早い時間帯から夜遅くまで、一人で作業されています。

無農薬・無肥料の国産オーガニックバナナ バナナゾウムシの被害にあった枝を切り、人力で運ぶ舩水さん。

無農薬・無肥料の国産オーガニックバナナ 大人の背丈以上もある長さの枝を運ぶ作業は大変な重労働です。


苗の段階で消毒することによって、被害は簡単に抑えることができます。
しかし、農業をする以前から食や環境保全に関心が高く、「農業をするならば絶対に無農薬でやる」と心に決めていた舩水さんは、一切の農薬を使用しません。
自身が毎日地道に作業をすることで虫の卵を減らしていきます。

バナナゾウムシに全滅させられるほどの被害ではありませんが、自然界で特定の生き物が大量発生するのはおかしいと、日々試行錯誤をしながら研究をされています。
今は目の前のゾウムシと向き合い、将来的に虫の発生しない無肥料・無農薬栽培のバナナ園を目指されています。

無農薬・無肥料の国産オーガニックバナナ 運んだバナナの枝をトラックの荷台に積み込み、搬送します。

無農薬・無肥料の国産オーガニックバナナ 運び出す枝と共にツーショットの舩水さん



肥料さえも与えない自然栽培への挑戦

無肥料・無農薬栽培の国産バナナは、本州では温室ハウスの設備や細かい管理技術などが必要とされます。
南国の植物のため、栽培するのに基本的には日本の気候は合わないためです。
ですが、高温多湿な気候の宝島ではより自然に近い『露地栽培』が可能になります。
舩水さんは、このバナナ栽培に恵まれた環境のもと、10年以上手つかずになり大木が生えジャングルと化した畑を、自ら開墾し無農薬・無肥料・無除草剤の完全オーガニックバナナを生産しています。

無農薬・無肥料の国産オーガニックバナナ 収穫前の無農薬・無肥料バナナ。たわわに実っています。

無農薬・無肥料の国産オーガニックバナナ 木の上で熟れている無農薬・無肥料バナナ。大変珍しい光景です。

無農薬・無肥料の国産オーガニックバナナ 出荷直前の無農薬・無肥料バナナ。すごい迫力!


バナナは宝島の特産品の一つでもあり、島の他の無農薬バナナ生産者さんから技術などを日々学ばれています。
しかし、島の中でも舩水さんだけが取り組んでいることがあります。
それは肥料をも与えない事です。
畜産も行われる宝島では家畜の糞尿由来の動物性堆肥の使用は至って当たり前なこと。
島へ移り住み農業を始めて間もない舩水さんも最初は農薬を使わず、堆肥の利用を考えていたそうです。
しかし、長い年月をかけ自然に近いジャングルへと化した土地を開墾し、堆肥を入れないことがより自然に近いことではないのかと感じたそうです。
宝島の土地柄、年中次々と生える雑草にも、除草剤を使わず刈ることにより、枯れた雑草は自然の循環の中で土となり、栄養はバナナを育みます。

無農薬・無肥料の国産オーガニックバナナ 収穫したのち、熟成させている無農薬・無肥料バナナ。食べ頃にはもう少しです。


舩水さんの愛情とともに成長し青い状態で収穫されたバナナは消毒や追熟を目的としたガス処理をされることは一切なく出荷されます。
時間をかけて熟すことにより、もっちりとした食感と外国産とは段違いの甘さを楽しむことができます。

無農薬・無肥料の国産オーガニックバナナ 無農薬・無肥料バナナ農家の舩水礼さん。宝島で奮闘中です。


舩水さんの情熱と努力が結晶した大変貴重な無農薬・無肥料・無除草剤の国産バナナ。
きっと今までにない美味しさと感動を味わえることでしょう。
ぜひ、お楽しみください。

無農薬・無肥料の国産オーガニックバナナ 島と九州を結ぶ週2回のフェリー。鹿児島市までは、片道13時間もかかります。

無農薬・無肥料の国産オーガニックバナナ 宝島からの水平線。夕陽がとてもきれいです。


青い三尺バナナを美味しく追熟させる方法

ご注文頂いたバナナは、青い状態で届く可能性がございます。
(個体差によって、食べ頃の黄色い状態で届く場合もございます。)
その際は、下記の追熟方法に沿って美味しく追熟させてください。

三尺バナナは15cm~25cmと外国産の物より少し短く、完熟するまで角のある皮は固く剥きにくいです。
一般の流通量はかなり少なく、とても希少価値が高いのでなかなかお目にかかれない品種です。

①ご注文の頂いたバナナは、青い状態で発送させていただくことがございます。
青い状態では生食はできませんので、ご注意ください。
加熱料理をすると芋のような味で、アジア料理に利用できます。
無農薬・無肥料の国産オーガニックバナナ
また、中には追熟がうまく進まないバナナも個体差によっては生じる可能性がございます。
念のため、弊社からは多めに入れて発送させていただきますが、何か気になる点等ございましたらご遠慮なく仰って頂ければ幸いです。

②フルーツとして食べる場合は、追熟が必要です。
お家の一番温かい場所に吊るして下さい。
床に置くと、接地面が傷みやすいです。
気温は20℃以上が好ましく、10℃以下では追熟が難しいです。
湿度も高い方が綺麗に追熟します。

③追熟には1週間ほどかかります。
ただし、季節や地域によってかなり差がありますので、毎日チェックをかかさないでくださいね。

④黄色く、柔らかくなれば食べられますが、シュガースポットと言って、茶色い斑点が出てくると糖度は最高の状態です。
無農薬・無肥料の国産オーガニックバナナ

⑤環境によっては「完全に黄色」に追熟しない場合もあります。
その場合も、やわらかくなったら食べられます。毎日手で触ってチェックしてみてください。

無農薬・無肥料の国産オーガニックバナナ 食べ頃を迎えたバナナ。もっちりとした甘さがたまりません!


ご注文の際の注意点

①到着した際のバナナが、青々とした状態でしたら添付のご説明用紙の手順で「追熟」をお勧めいたします。

②宝島のフェリー便は週2回しかなく入荷まで時間がかかるため、産地の都合によっては予告なく欠品や入荷が遅れる可能性がございます。

③バナナは冷気に当てると追熟が進みませんので、商品到着後は常温にて保存ください。

④重さを調整して発送いたしますので、一房ではなく半端分が入る可能性がございます。

⑤バナナの個体差や産地からの発送タイミングによっては、青い状態や黄色い状態などのバナナが混在してお手元に届く可能性がございますので、予めご了承ください。

恐れ入りますが、上記ご理解・ご承知の上、ご注文頂ければ幸いです。


以上、ご確認・ご承知の上、ご注文をお願いいたします。
商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力