美味しく、安全なお野菜を選ぶポイントとは?~自然栽培の野菜は色が薄い~
西日本・九州の自然栽培野菜・自然栽培米の定期宅配ならピュアリィ

美味しく安全な葉野菜を選ぶポイント

美味しく安全な葉野菜を選ぶポイント

葉野菜を選ぶ際にはどういうものを選んだ方が良いと思われますか?実際に緑が濃いものを選ばれていた方が多いのではないでしょうか。

色が濃い=栄養価が高いと思われるかもしれませんが、本当は肥料で濃くした色なのです。濃い色の葉野菜には窒素分が多量に含まれていますので、硝酸性窒素の危険性が高くなってしまいます。

だから、葉野菜を買う場合は、なるべく色目の淡いものを選んでください。実際に自然界を見渡してみると、濃い緑の草はなく、ほとんどが淡い黄緑がかった色をしていますよね。それが、本来の自然の色なのです。

どうしても、濃い葉野菜を食べる場合は、なるべく湯がいて食べてください。湯がくことでその過剰に含まれている硝酸性窒素成分をかなり減らすことができます。生で食べることも控えた方が良いでしょう。

「有機JASマーク」への疑問

また、「有機JAS」のシールが貼ってあっても、無農薬で栽培されたものであるとは限らない、という事実を、皆さんご存知でしょうか?有機JASでは、現実には約30種類の農薬の使用が認められています。

つまりお店で「有機野菜」と書いてあっても、それが無農薬なのか無農薬でないのかを知ることはできないのです。表示義務がないから分からない。私たちも「これはおかしい」と思い、農水省に問い合わせてみましたが、「表示を義務付けることはできない。」という返事でした。

しかし「安全な野菜を謳っている以上、表示するのが筋ではないか?」と迫ると、「有機JASマークは安心安全を保証するものではない。」という答え。つまりは1つのカテゴリーに過ぎないというわけです。「それだと消費者は混乱しますね。」といえば、「仕方がない。」という回答。これが有機JAS法の実情というわけなのです。

しかし、この「有機JASマーク」の認証を受けるために、有機農家さんたちは、たくさんの手間と費用も掛けているのが現状なのです。がんばっている有機農家さんには、より手間を掛けさせ、消費者側も実際に無農薬かどうかの確認もできない。

何のための「有機JAS法」なのでしょうか?がんばっている農家さんを支援し、それを求める消費者を、結びつける「真の法整備」と、分かりやすい表示義務、それを急ぐべきだと思います。私たちも自然栽培野菜の他に有機栽培野菜を売っています。

ただその際に農薬を使っている場合は、必ず表示をすることを徹底しております。理由はお客様に混乱を与えたくないからです。全て正直に表示する。それこそが本当に安心を提供することになると、私たちは考えています。

西日本・九州の自然栽培野菜・自然栽培米の定期宅配ならピュアリィ

西日本・九州の自然栽培野菜・自然栽培米の定期宅配ならピュアリィ

ピュアリィでは、西日本とりわけ九州県内に限った自然栽培米・自然栽培野菜にこだわり販売しております。

自然栽培のお米・お野菜が都度買いできるネットショップサービスと、定期的にご自宅にお届けする定期宅配サービスを行っております。九州産の無肥料・無農薬で育った自然栽培米・自然栽培野菜を定期で購入いただければ、安全で安心できる食卓を実現していただけます。

毎日食べるお米やお野菜は、特にお子様がいらっしゃるご家庭であれば安心できるものを選びたいものです。ピュアリィの自然栽培米は、収穫後そのままお客様の元へと発送するのではなく、きちんと放射線物質検査も行って情報開示をしております。

また、生産者一人ひとりの畑や田んぼに専任の産地担当が何度も足を運び、土を見て、生産者自身の自然栽培に対する取り組み・考え方・生き方をしっかりと確認しております。定期的に自然栽培の勉強会も行い、消費者・生産者・流通が三位一体となった自然栽培の普及に努めています。

自然栽培の定期宅配にご入荷いただくと、いつでも安心して口にできるお米やお野菜を食卓に並べることができ非常に便利です。お得な割引やサービスもございますので、ぜひご活用ください。

お役立ちコラム

自然栽培米を通販でお届けするピュアリィ

会社名 かねくら株式会社
所在地 〒860-0025 熊本県熊本市中央区紺屋町1丁目17番
電話番号 096-288-1561(宅配専用)
FAX番号 096-288-1562
HP https://www.nh-purelyshop.com/