「奇跡のような宝物の野菜たち」

<九州自然栽培 旬のお野菜状況>

ようやく梅雨も明け、お日さまに出会えたとおもったら、連日35℃の酷暑がやってきました!

例年であれば、今ごろは、キュウリ、ナス、ピーマン、トマトなどたくさんの夏野菜が食卓を彩る季節。

しかしながら、今年は、長雨と日照不足によって、植物自体の生長に支障をきたしています。

いつもであれば

「胸丈まで育つものが、膝丈までの生長で止まっていたり」

「なかなか花芽がつかず、花が咲かなければ、もちろん実もつけることができず」また、

「実になったとしても色づきがよくない」

などの、これまで経験したことのない状況が、どの地域、どの野菜にも共通しておきています。

ピュアリィがお届けするお野菜セットも、そのような状況のため、例年のような「夏野菜ふんだんのセットをお届けできず、大変残念で、皆様には申し訳ない気持ちでいっぱいです。

ですが、産地の皆さんも、そんな中でも「できるだけ畑に育ってくれたお野菜たちを一つでも多くお客様に届けてあげたい!」と、この酷暑のもと、毎日早朝よりがんばっていらっしゃいます。

そして何より、この状況でも、肥料や農薬にも頼らず自分で根を張って生長し、花をつけ実になって、このピュアリィに届く、旬真っ盛り、自然栽培のお野菜たちを、

私たちは「奇跡のような宝物の野菜たち」と感謝して、そう呼んでいます。

種類や量にご満足いただけないと思いますが、どうぞ産地を思い、エールを送ってくださいますと、農家さんたちのやり甲斐も倍増します!私たちも産地を飛び回っていますので、少しでも良い方向に向くように、ご理解いただけますと幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

文 反後 人美

Entry~最新記事~

Category~カテゴリ~

Archive~アーカイブ~

Feed~RSSで購読~