リアルタイム産地《南阿蘇 大森博さんのササニシキ掛け干し体験してきたヨ》

今日は南阿蘇は朝から雨☂️が降ったのに、ありがたいことに、反後の到着の頃には、お日さまも顔を出してくださってラッキー🤞
今年で南阿蘇村へ就農7年めとなる大森博さんの田んぼは、あの台風10号にも負けず、山田錦、ササニシキ、イセヒカリが、次々と収穫のときを迎えています🌾
ここ数年のあいだに、次々と周りの田んぼも皆さんから認められて、大森さんに任さられるようになって、とうとう4町歩になったんだって!スゴイ!大森さんのこれまでの無肥料無農薬(自然栽培)のマジメな取り組みと、安定した収穫量、販売力が認められた証拠ですね!
9日10日の2日間は、大森さんの仲間たち4人で、ササニシキの稲刈り掛け干しが始まったと聞き、さっそく今日行ってきました。小国町、熊本市、同じ南阿蘇村の4人の仲間は、かけ干しも6年めで「慣れたモンで、安心です!」と大森さん。持ち回りで、田植え、除草、稲刈りなどを手伝ってまわるんだって。すばらしい仲間タチ🙆‍♀️
それでも1日に2人で1反、3台分のかけ干しは、とても手間と時間のかかる作業デス💦
今日は、その大森さんが1人で刈った稲を、反後も手伝わせていただき2人でかけ干しさせてもらいました😄
昔とは違い、便利な金属ポール製の台ができたのと、天候もだいぶ変わり、なかなか晴れ間も続かず不安定。よって、かけ干しのやり方も、1束1束間をあけて風通しをよくする方法に少しづつ変わってきています。
今日も晴れたり曇ったり🌥では、あったけど、気温は27〜28度くらいで、30度を超えることはなく、いい感じの風が吹いて心地よくて稲も嬉しそうでしたよ
すぐ近くの酒米の山田錦も美しい。
そして、ササニシキの水系とは別の、湧水米(イセヒカリ)も見学しました。
ヤッパリその立ち姿もすばらしいです。
大森さんは水神さまも守られてて、つい一緒に記念写真🤗
そして次に、大森さんたちの師匠というかお母さんというか、とにかく大きな大きな女神のような存在の「高島和子さん」を訪ねました。
今日は、和子さんは、この地域のお米の喜多センターの当番をされていました。
このセンターは、もう30年以上前に、地域の皆さんが、将来を見据えて作られたセンターだそうです。大きな赤外線乾燥機が何台も並び、最後は最新の色彩選別機もあって安心です。
お忙しいなかでしたが😅お2人の記念撮影も笑顔で応じていただきました😊
最後は、和子さんの黒米をはじめとする田んぼも見せていただき、たんごは大よろこび!だってほんとうに稲の姿の一つ一つが美し〜いのです。
農業はすばらしい。この南阿蘇の360°パノラマの景色、景観をつくっているのは、まちがいなく『農業』があるからですよね!
日本の農業をまもりたいなあ 未来へつなげたいなあー今日もそう想いをさらにもって産地をあとにしてきました。
高島和子さん、大森博さん、お忙しいなかお呼びいただきありがとうございました🙇‍♀️またみんなで伺います。
文 反後人美

Entry~最新記事~

Category~カテゴリ~

Archive~アーカイブ~

Feed~RSSで購読~