圧巻でした!これが「肥料なし、農薬なし」のみかんの木たち

圧巻でした!
これが「肥料なし、農薬なし」のみかんの木たち🍊
「土づくり」を目的として時間と手間をかけると、
結果的に、草や虫、微生物とバランスよく共生しつつ、
木が喜んで実をつけているかのような「本来の木の カタチ」になってきている。
《 熊本県玉東町の「池田道明さん」のみかん園 》
みかんの木も、子孫を残す、生命の連鎖をやり遂げたいはずなので、そのために、人がどんなお手伝いができるか、なんじゃないか
「みかんの木の幸せを」望んで、そして「収穫させてもらって」その恩恵を「おいしい!」といただく。
これが、自然との順応であり共生
あくまで概念ですが、その境地に達するまで
「何本枯らしたことか」
とおっしゃる、池田さんの信念は、10年という時間の単位をも超えていく。
果樹、野菜、米、茶などのジャンルを超えて、
おこがましいですが、生産、私のような流通の役割も超えて、
この「信念」の強さが、日本では、ここ数十年の間に見えなくなった風景を再現していく。
それを確認し合った「素晴らしい時間」でした。
池田さん、川越 俊作さん、松本一宏さん
ありがとうございました。

Entry~最新記事~

Category~カテゴリ~

Archive~アーカイブ~

Feed~RSSで購読~