ピュアリィの食卓(レシピ集)

<四季のひとさら> ピュアリィレストラン小善シェフレシピ監修

今回は、春の味覚!「タケノコ・菜の花・葉にんにく」のレシピ3種類をご紹介。

デザートには、おかずにもおやつにも活躍する「サツマイモ」を使ったレシピです。春の野菜は、少々苦味やアクがあるなど、食べ慣れないものもあるかと思いますが、古くから「春は苦味」といわれるように、冬に固まった身体を目覚めさせる役目もあります。

キッシュやパスタであれば、お子様も好きなメニューだと思いますので、ぜひ積極的に取り入れてくださいね。

※タケノコは3月下旬頃から入荷を予定しております

 

[ タケノコと菜の花のキッシュ] (20㎝タルト1台分)

<材料>

〇具材

タケノコ       100g

菜の花         4本

ツナ缶        1/2缶

卵           2個

牛乳          50g

生クリーム       100cc

チーズ         10g

塩、コショウ      少々

 

〇キッシュ生地(20㎝のタルト型)

薄力粉             70g

強力粉         30g

ベーキングパウダー   5g

塩           少々

牛乳          10g

水           20g

オリーブ油       35g

 

<作り方>

①キッシュ生地を作る、ボールに牛乳、水、オリーブ油を入れしっかり混ぜる。

②①のボールに薄力粉・強力粉・ベーキングパウダー・塩を入れ一気に混ぜ、ひとかたまりにする。

③打ち粉をし生地をタルト型より大きく麺棒で伸ばし広げる。

④タルト型に広げ余分な生地は取り除き、フォークで穴をあけ200℃のオーブンで10~20分焼く。

⑤スライスしたタケノコとツナをオリーブ油(分量外)でソテーし軽く炒まったら菜の花を入れ粗熱を取っておく。

⑥ボールを用意し、卵・牛乳・生クリームを入れしっかり混ぜて濾しておく。

⑦⑥のボールに、粗熱がとれた⑤を入れ、タルト型に流し入れチーズを上からかける。

⑧180℃に温めたオーブンで約30分入れ焼き上げ、焼けたらできあがり。

 

[ 葉ニンニクと菜の花のペペロンチーノ]  (2人前)

<材料>

葉ニンニク    2本

ベーコン      40g

玉葱            1/2個

れんこん      30g

菜の花      3本

パスタ(乾麺)   160g

オリーブ油    30cc

醤油      5cc

(パスタ茹で用)

塩       20g

水       2L

 

<作り方>

①葉ニンニク、ベーコン、れんこんはスライスにする。玉葱はみじん切りに、菜の花はざく切りにしておく。

②フライパンを用意して中火にし、オリーブ油を入れ、香りが出てきたら玉葱を入れ透明になるまで炒める。透明になってきたらベーコン、葉ニンニクを入れ、さらに炒める。

③パスタを茹でる。鍋に水、塩を入れ沸騰したらパスタを入れ、表示されているパスタの茹で上がる2分前にれんこんを入れ、さらに10秒前に菜の花を入れ茹でたら麺と一緒にザルに空ける。

④③が茹であがったら全て②のフライパンに戻し、醤油を入れ軽く炒め、混ぜ合わさったらできあがり。

 

[ さつま芋のブリュレ ](直径約7センチの耐熱容器8個分)

<材料>

さつま芋(正身)  200g

牛乳       200g

卵         2個

砂糖           30g

砂糖(焦がし用)   少々

 

<作り方>

①さつま芋は皮を剥き一口大に切り、竹串がすっき通るぐらいまで蒸す。蒸し上がったら粗熱をとり、裏ごししておく。

②ボールに卵を割り入れ、砂糖を加え砂糖の粒がなくなるまでしっかり混ぜる。

③鍋に牛乳を入れ、沸騰寸前まで沸かして②のボールに少しずつ加え混ぜる。

④別のボールを用意し裏ごししたさつま芋を入れ、③を加えしっかり混ぜ、濾して滑らかにする。

⑤容器を用意し7分目まで流し入れ、お湯をはったバットに並べ160℃のオーブンで20分焼く。

⑥焼きあがったら粗熱をとり冷蔵庫で冷す。食べる直前に表面に砂糖を振りバーナーで砂糖を焦がしできあがり。

※表面を焦がしたすぐは器が熱いので火傷に注意しましょう。

※バーナーが無い場合は、熱したスプーンを表面に焼きごての様にあてて、焦がすこともできます。