日本の50年後がかかっている!

私は、私たち世代の決断に、間違いなく日本の50年後がかかっている!と本気で思っている。
そしてそれは、ただならぬ閉塞感に苛まれる、地方の一中小企業家として、日本を大切にしたいからこそなのだ。
「今、凄すぎる活気真っ只中の中国に行って来たばかりの」
私ことオバさんは、まずはオッさんと共に、その中国を再度訪れ自分の五感でまたその勢いを感じてくる。
 オッさん、オバさん、人生はこれからだよ。間違いない。
「今こそ、勇気を!」
「日本の若者、可愛い子には旅をさせてあげようよ!」
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53545