宮崎へ セミナー参加

《 日本の衣の主原料だった「麻 絹 綿」の自給率ほぼ「0」が意味すること》今日は宮崎へ😄

河名秀郎さんの「医者にもクスリにも頼らない生き方」セミナーに参加中😃

今回は「自然な衣と住」です。日本の衣の主原料だった「麻 絹 綿」の自給率は現在ほぼ「0」

食と一緒です!
かつて、日本の主管産業だった「繊維産業」そのものが、価格だけで比較され、自給できないところまで落ちこんできた😥ことは、

「米 麦 大豆」という、日本の食文化を支えてきた主原料の自給率の低下=「農業」という基幹産業の力も奪ってきている 。その前哨戦だったんじゃない?

「布団や」の娘として生まれた私。布団やは、残念ながら廃業し、なぜ今「自然栽培」という農業の普及活動を仕事としているのか?

資源が少ない日本?本当にそうだろうか?
それは「奪い合う」ことを当たり前にとらえた「戦争する」ことを前提とした生き方から見た、見方ではないのか?

日本の国土に「自生してきた植物や、自然由来のもの」を、日本人の器用さ(技術)や知恵とセットに
豊かに生きていた時代には、ほぼ「ゴミは0」だった。

現在の日本の経済も産業も、「大量生産 大量消費 大量廃棄 」前提ですね。

自然災害が、ここまで当たり前になってきた現代で、
いよいよ「持続可能な生活」にシフトする意味合いを知らせてくれている。

もしかしたら、「ゴミほぼ0」時代を知っている、私たち世代に、「日本人の地球人としての基礎力向上」を託されているのかもね😄😅

世代間交流 より始めて「カッコいい日本人😆」をつないで、より楽しく生きたいな❗️

河名さんの話を聞きながら、そんなことを考えていた。