<産地訪問>熊本県山鹿市 伊藤将宏さん 有機栽培いちご (恋みのり)

例年大人気!!有機栽培イチゴを育てられる伊藤さんを訪ねました!

イチゴ農家をされる前は、サラリーマンをされていた伊藤さんご夫婦。日々会社に行く中、自分にしかできない仕事をしようと思った結果、次世代に残る農業をしよう!と思い、有機農業を選ばれたそうです。全国でも少ないイチゴの有機栽培。当然技術論が確立されているわけではなく、始めた当初は苦難の連続だったと仰います。

私が深く感動したのは、ハウス内を元気に飛び回るミツバチについて。イチゴが実るためには受粉が必要ですが、まんべんなく受粉するためにはミツバチの働きがとても大切です。一般栽培だと、生き物との共生が難しくミツバチがどこかに逃げてしまったり、元気がなくなってしまうことも多いようです。しかし、伊藤農園のミツバチは、冬を越した5月まで元気にハウスを飛んでいるそうです。私たちが日々食べている物は、虫や動物の力を借りて育っている事を改めて感じました。そんなミツバチ達が元気で過ごせる環境がある、伊藤農園はとても貴重で素敵です。

今年は「恋みのり」という品種を中心に栽培されています。昨年の「恋みのり」から苗を繋いでいる自家苗は収穫を終えた春から夏、秋へと年間通してお世話が必要になります。以前主力の品種として取り組んでいた「ひのしずく」とは勝手が違い、苗が思うよう育たず、例年に増して手間暇を掛けて苗づくりをされているそうです。また、今年は秋が暖かかっため、花が咲き始めるのが例年より少し遅いとのこと。それでも訪問した際のハウスの中ではすくすくと成長するイチゴを見ることができ、少しずつかわいい白い花が咲き始めていました。

イチゴは追熟しない為、伊藤農園では完熟したイチゴのみ収穫をされます。

▼伊藤さんのイチゴはコチラです。

ショップスタッフ 竹部 遥

Entry~最新記事~

Category~カテゴリ~

Archive~アーカイブ~

Feed~RSSで購読~