30%OFFキャンペーン 熊本県菊池市 上野さん ヒノヒカリ

上野松年さんは、熊本県菊池市で自然栽培のお米作りに取り組んでいます。米作り50年の大ベテランです。

自然栽培の世界に踏み込む前は、農協の組合長を務め、慣行栽培、有機栽培、不耕起栽培など様々な農法を実践してきました。

菊池市の七城町の米は、古くは江戸時代から”旨いお米の産地”と知られていました。

その理由の一つが、この上流の花こう岩の豊富なミネラルを含んだ前川水源の水。そして、砂壌土(さじょうど)と呼ばれる土で育つことも、大きく関係しているといわれます。
土の中に小石の層がある砂壌土には、稲作に適した花こう岩のミネラル成分がたっぷりと含まれております。湧水と砂壌土。

この二つのハーモニーにより、熊本県菊池市七城米は、食味ランキング9年連続で最高評価の「特A」を受賞し続けています。

上野さんが作られる『ヒノヒカリ』は熊本を代表する品種です。

1990年に黄金晴とコシヒカリをもとに生まれ、最大の特徴はコシヒカリから受け継いだ食味の良さと言われています。

九州の暑い気候にも強く、ふっくらとした食感と甘みが特徴で、ついつい食べ過ぎてしまうほどです。

3月31日まで30%OFFキャンペーンを行っています。

是非この機会にご利用ください。

上野さんのヒノヒカリはコチラです。

2019年産のお米の収穫後に上野さんいインタビューをしました。

是非こちらもご覧ください。

Entry~最新記事~

Category~カテゴリ~

Archive~アーカイブ~

Feed~RSSで購読~