熊本を代表する自然栽培米のパイオニア

熊本県菊池市七城町。
日本有数の米処として全国的に有名なこの地で、自然栽培の稲作・畑作に長年取り組む冨田親由さんはいます。
40年前より無肥料・無農薬のお米作りをされています。
その品質の高さから、全国的な知名度も高く、通常販売すればすぐに完売するほど。
また、冨田さんは自然栽培全国普及会の九州ブロックの会長として、稲作・畑作での自然栽培の普及にも尽力されています。

冨田さんの自然栽培田んぼと畑は、七城町の名所「メロンドーム」の近くにあります。
近くには菊池川の支流、迫間川が流れ、秋には一面にコスモスが満開を迎える気持ちの良いところです。
冨田さん一家は娘の咲希さんと、息子の和孝さんが畑作・稲作の後継者として自然栽培に取り組まれています。
自然栽培米の田んぼは、息子の和孝さんと一緒に取り組まれています。

今回販売をしておりますのは、新しく広げられた田んぼで作られたヒノヒカリです。
長年、ご自身の田んぼで育て、種採りをされていたヒノヒカリの種を、新しい田んぼに植えて育てられたお米で、そのクオリティや美味しさに変わりはありません。
「昨年も好評いただいたし、まだ2年目の田んぼだから」という冨田さんのご好意により、価格も”お試し価格”にて販売できることとなりました。
ぜひこの機会に自然栽培米を食べたことが無い方にもお召し上がりいただき、その美味しさ・生命力の強さを感じていただければと思います。

冨田さんの自然栽培ヒノヒカリはコチラです。

Entry~最新記事~

Category~カテゴリ~

Archive~アーカイブ~

Feed~RSSで購読~