季温

<スタッフ手作り体験記> 味噌作り

今年も、味噌づくりの季節がやってきました!!

寒さが一番厳しくなるこの季節は、昔から「味噌づくりに最適」と言われています。仕込みの冬、夏までの天地返しなど、少し手間はかかりますが、お味噌を育てる期間も楽しみながら、

世界に一つだけの味噌を作ってみてください!

今回は、私、本社スタッフの池田が初・味噌づくりに挑戦しました。作る段階、大豆や麹からとてもいい香りがして、味噌づくりがこんなに楽しいものとは思いもしませんでした。

自然栽培ならでは!なのではないでしょうか。手前味噌ではありますが、きっとどこにもない美味しい味噌ができあがるはずです。

【材料】

・大豆 500g ・米麹 1キロ ・塩 300g

【仕込みまでの準備】

*大豆をたっぷりの水でよく洗い、表面の汚れを落として、一晩水に浸す。

(大豆の3倍量の水で10時間から12時間浸す)

*容器は熱湯で消毒し、乾かしておく。

*冷凍の米麹は冷蔵庫に移し解凍しておく。

【作り方】

たっぷりの水で大豆を煮る。

大豆を火にかけ沸騰したら弱火にして、  浮いてくる皮や、アクをすくい捨てる。

大豆が親指と小指でつまんでつぶれるくらい煮たらOK。

ざるに上げて煮汁をきる。※煮汁を1カップほど取っておく。固さの調整に使う。

米麹と塩を混ぜる。

米麹は手でほぐし、塩を入れさらにしっとりするまで混ぜておく。

※手のひらで押したり、揉みこむようにしっかり混ぜてください。

米麹と潰した大豆を混ぜる。

すり鉢やマッシャーなどで潰した大豆を人肌くらいまで冷まし、米麹とよく混ぜる。出来上がり味噌よりも水分が多めになるように大豆の煮汁を利用して固さを調節する。

容器に詰める←画像変更希望 添付してます

容器にぱらっと塩を振ってからみそを詰めていく。

空気を抜くように丸めてみそ種をつくり、容器に投げ入れて隙間なく詰める。

重石をのせて仕込みは完成

空気が入らないようにラップを敷き詰め、落し蓋の上に重石をのせれば完成!!

(重しがない場合は、容器よりも一回り小さいお皿で代用してもOKです)

熟成

陽のあたらない風通しのよい冷暗所で寝かせる。時々味噌の上下をひっくり返す「天地返し」を行って熟成にムラが出ないようにする。半年から1年熟成させると、美味しい自家製味噌の完成。(好みのタイミングでお召し上がりいただけます)

◆自然栽培手作り味噌キットはコチラ

産地訪問記 宮崎県田野町 川越さんの大根畑を訪問

こんにちは!産地担当の舩水です。11月下旬、入社1~2年のスタッフを中心に、川越さんの畑を訪問してきました! 今回は収穫体験含め、自然栽培について基礎から勉強させていただき、大変実りの多い1日となりました。これからも自然栽培の産地を訪問し、学びを深めていきたいです。自然栽培はこれから・・のスタッフですが、今回の学びを少しづつ共有させていただければと思います!

 

<本社:池田 裕輔>

産地訪問が始めてだったので、いきなり畑に行って「これが自然栽培です」と聞いても多分ピンと来なかったかもしれません。しかし、川越さんは、地域の実態、市場の動向、自然栽培に取り組む仲間の現状、川越さん自身が歩んできた自然栽培との関りや努力や苦労、そして自然栽培から何を学び、今後どうやって普及し持続可能にしていくか、ストーリーとしてお話してくだり、土台のようなものが私の頭の中にできました。実際に見る畑は衝撃的で、今までの「畑」のイメージとは真逆の美しい光景が広がっていました。特に印象的だったことは、川越さんの畑に変なにおいを感じなかったこと。今まで他所の畑に行った際、土からする嫌な臭いで、長時間いると気分が悪くなることがあったのですが、それとは逆でとてもいい気持ちになれました。

また、川越さんは、「自然栽培」だからというわけではなく、仕事でも趣味でもとにかく練習が大切、勉強や研究をして自分の好きなことをコツコツ努力することで、道は開けると教えてくれました。今後も産地により足を運び生産現場を肌で感じたいと思います。

 

<宅配スタッフ:西 智穂>

自然栽培は『今日はじめます』と言ってにわかに始まられるものではなく、川越さんは土づくりを最低5年、その土に何の作物が適しているのが吟味し、作付から計画して完璧にその作物を作れる土に仕上げてから流通に乗せるだけの確信を持ち、最低収穫量を計算した上で種まきするとのことでした。過程、練習が何より大切で、結果はついてくる。『何のために生きているのか、何のために自然栽培をしているのか』自然栽培に関わり試行錯誤し、変化しながら学ぶもんだと話される姿に、人としての強さ、魅力を感じました。

畑では土が団粒化し、土砂降りの雨上がりにも関わらず、水たまりが無かったのが驚きでした。足を踏み入れて、ふかふかとしている様子を足の裏で感じたこと、大根を片手で抜くことが出来た瞬間は忘れられない感覚です。いつも箱に入って産地より届く大根と、畑に実際植えられている大根は、また美しさが違い、放射線状に立体的に広がる葉っぱは芸術的でした。やはり、産地に赴き実際に見て体験することで感じるものはまた格別です。

 

<宅配スタッフ:宗像 護>

自然栽培畑作の訪問も、大根の収穫も初体験で、何もかもが新鮮な経験だらけの貴重な1日でした。畑で一番印象的だったことは、見るからにフカフカな土と植物が爽やかな美しい緑だったことです。収穫に最適な大根は、そのフカフカな土から上がっていて、ほとんど力がいらず、想像以上簡単に抜けたことも驚きでした。

また、川越さんの話の中で特に印象だったのが、「人生で人と調和できなければ自然と調和できず、これらの事は自然栽培も人生経験も共通する」といった内容でした。自分の人生を振り返ると反省する点がありましたが、今後も自分磨きに専念し何歳になっても教訓にして自然から学ばせていただきます。

 

季温11月号掲載!

お待たせしました。

ピュアリィ月刊誌 『季温』

11月号掲載です!

月読み栽培でお馴染みの、にしだ果樹園西田淳一さんを特集!

ゴールドキウイ園にピュアリィスタッフ徳満が初めて訪問させていただき、その内容をレポートさせていただきました!

その他、産地情報、新米の座談会、スタッフレシピなども!

お陰様でスタッフレシピも好評です!

こんなスタッフと楽しく一緒に働いてみませんか?

求人募集しています!

ぜひ、ご覧くださいませ。

過去の季温はこちらからご覧いただけます。

《 宗 純平 さん夫妻を応援したい!》

昨日 自然栽培4年目のミカン畑を訪ねました。

池田 道明 さん、天波 地動さんを 師匠 と仰ぐ、ご夫妻は、キラキラ笑顔で自然栽培の畑の広がり、その先の未来を語ってくれました

30代前半は、農家の平均年齢の半分というほど、若手になりました!ぜひぜひおいしい彼らのみかん(ジュースも)を買い支えていきますので、たくさんの応援よろしくお願いします!

季温9月号 掲載♪

お待たせしました致しました!

季温9月号掲載です!

今回はオリーブオイルの生産者でもある、朝倉玲子さんを特集しました。

ピュアリィでは8月9日に料理教室も行いました。

とっても美味しかったです!!

その他にもピュアリィスタッフが自宅で作っている料理や、産地訪問では大杉さんの自然栽培の栗のレポート。

こちらから購入できます。

ぜひご覧ください。

店頭・レストランにて無料でお配りしております。

詳しくはスタッフまでお尋ねください。

 

 

Entry~最新記事~

Category~カテゴリ~

Archive~アーカイブ~

Feed~RSSで購読~