商品入荷・発売情報 - 48ページ目

<年末年始の餅つきに>【御船町河地和一さん 自然栽培もち米】

【御船町河地和一さん 自然栽培もち米】

<年末年始の餅つきにいかがでしょうか?>

熊本県御船町。吉無田水源からの清流がいきわたるこの土地で、自然栽培に取り組んでいる河地和一さん。

1987年から無農薬栽培に取り組み、2004年から自然栽培に取り組んでいます。

お米以外にも年間を通して自然栽培の野菜を切らすことなくピュアリィに出荷していただいています。

ピュアリィ創業当時からのお付き合いがあり、「熊本の自然栽培に河地あり」と言われるほどの、熊本を代表する自然栽培農家さんです。
河地さんのもち米は、毎年田植え・稲刈りイベントをさせて頂いてる田んぼのもち米です。

甘みと粘りが強く、搗き立ての味は絶品。

お餅やお団子、白玉などにして、お楽しみください。

ご購入はこちら

 

ご一緒に、厳選素材のつぶあん、きな粉、海苔、醤油、納豆もいかがでしょうか?

 

餅つき ネットから引用

<少しだけ入荷!>【ミツバチが育てる貴重な有機栽培リンゴ】

<少しだけ入荷!>【ミツバチが育てる貴重な有機栽培リンゴ】

青森県南津軽郡藤崎町。
りんご生産者の中では「知らない人はいない」と言われる竹嶋有機農園があります。

「ミカドドロバチ」を使って防虫や受粉させることで、限りなく農薬を使用しない栽培方法を確立した草分け的存在。
雑草等も除草剤は一切使用せず、草刈り機で草を刈っています。
そして、その草をそのまま肥料にする草生栽培を実践。
その苦労は並大抵ではないのですが、竹嶋さんは「安心で安全なリンゴを食べてもらいたい」という想いからこだわり続けています。

自然の循環で出来上がった竹嶋有機農園のリンゴは、一口齧ればその美味しさにきっと驚かれるはず。
口一杯に広がるリンゴの爽やかな甘みと香りをお楽しみください。

王林は酸味と甘味のバランスが良く、紅玉に似た風味があります。
食感は柔らかめで食べやすいです。

数に大変限りがあります。
お早目のご購入をどうぞ!

ご購入はこちら

王林 四角修正

<数量限定入荷!!>【竹嶋有機農園の有機JAS取得リンゴ】

【竹嶋有機農園の有機JAS取得リンゴ】

竹嶋有機農園代表の竹嶋さんは、「ミカドドロバチ」を使って防虫や受粉させることで、限りなく農薬を使用しない栽培方法を確立した草分け的存在です。

雑草等も除草剤は一切使用せず、草刈り機で草を刈っています。
そして、その草をそのまま肥料にする草生栽培を実践。
その苦労は並大抵ではないのですが、竹嶋さんは「安心で安全なリンゴを食べてもらいたい」という想いからこだわり続けています。

蜂と草と太陽と水。
自然の循環で出来上がった竹嶋有機農園のリンゴは、一口齧ればその美味しさにきっと驚かれるはず。
口一杯に広がるリンゴの爽やかな甘みと香りをお楽しみください。

シーズンに合わせて、紅玉、ジョナゴールド、王林、サンふじと取り揃えております。
それぞれに、味の特徴・違いがあるので、どうぞお楽しみください。

ご購入はこちら

リンゴ サンふじ 四角修正

 

<入荷>【宇城市澤村さんの有機栽培玉ねぎ】

【宇城市澤村さんの有機栽培玉ねぎ】

熊本県宇城市、広大な農地で自然栽培・有機栽培のお米・お野菜作りに取り組む澤村輝彦さん。

澤村さんの住む宇城市不知火町は、海沿いに面した小高い山になっています。
八代海に毎年夏の夜に現れる不知火でも知られる地域です。

澤村さんの夢は、「この不知火地域が昔のように、実り豊かな作物が溢れ、農業が盛んな場所になること。」
そして、「ひとりでも多くのひとが農業に携わることができ、農業が暮らしを支える活気ある地域にしたい。」という熱い想いをお持ちの方です。

農業離れが進む日本で、いかに既存の農家が躍進し、後継者が自らの意思で農業に取り組めるか。
親から子へ、子から孫へと代々受け継がれていく本当の“農業”を形作ることを目指されています。

そんな高い志をお持ちの澤村さんの有機栽培玉ねぎ。
農薬を一切使用せず、有機性肥料のみ使用したこだわりの玉ねぎです。
皮をむいた食べやすい状態で出荷します。

ご購入はこちら

P6110046

<12/16(金)最終注文〆切> 【玉名郡玉東町池田道明さん 自然栽培みかん(晩生) 】

<12/16(金)最終注文〆切>
【玉名郡玉東町池田道明さん 自然栽培みかん(晩生) 】

熊本県玉東町で自然栽培に取り組む池田道明さんの自然栽培みかん。
池田さんは、代々続くみかん農園を、2009年から徐々に自然栽培に切替えていきました。
そして、2015年より全農園を自然栽培に切替られ、その偉業は全国的にも大変有名な方です。

通常、果物などの果樹は農薬・肥料を野菜以上に大量に使用します。
みかんは収穫まで40回以上散布すると言われています。
池田さんは、「子供でも安心して食べられる美味しいみかんを作りたい」という想いのため、度重なる病虫害に試練を乗り越えられながら、続けてこられました。
池田さんの自然栽培みかんは、爽やかな酸味と、それを包み込むような優しい甘味が特徴。
一口食べてみれば、その美味しさにきっと感動されることでしょう。

12/16(金)17:00注文〆切 → 12/24(土)発送 が今季最終となります。
大人気につき、想定より早く終了となります。
お買い漏れ無い様にお気を付けください!!

ご購入はこちら

池田さんみかんカット

<入荷>【自然栽培一本 菊陽町上野さんの自然栽培じゃが芋】

【自然栽培一本 菊陽町上野さんの自然栽培じゃが芋】

気鋭の自然栽培農家 上野さんの自然栽培さつま芋が入荷。
上野さんは、通年を通じて様々なお野菜を出荷している、頼れる若き生産者さんです。

新規就農されて5年目。
ピュアリィと出会い、最初から自然栽培一本で営農されています。

「ピュアリィの存在と自然栽培を知ってから”これやりたい”って直感で思ったんですよね。」
笑いながら話されるその姿の奥には、崩れることの無いであろう固い決意が見えます。

ただ、始めた当初は「全然ダメでした。」
見よう見まねで始めた玉ねぎは、2年間全滅だったとのことです。

それでも、その失敗も前向きに捉えられ、ピュアリィ主催の講演会や自然栽培全国普及会の研修などにも積極的に参加。
「今では『土づくり』の大切さを、この失敗で学ばせてもらいました」と、確実に進化を重ねています。

今年で種採り5年目となる上野さんの自然栽培じゃが芋。
品種はほくほくとした食味が特徴の「出島」です。

ポテトサラダやコロッケなどがおススメ。
ぜひ、いかかでしょうか?

ご購入はこちら

上野さんじゃが芋 以前の写真

<幻のアサクサ種>【無産処理と伝統的な支柱干出式の海苔】

【無産処理と伝統的な支柱干出式の海苔】

<格別な風味と味>
現在の海苔作りは病原菌の増殖を防ぐための酸処理剤や、硫酸アンモニムなどの化学肥料が使われる事がほとんどです。
それらは人体に悪影響を与え、海の生態系をも破壊していると言われています。

鹿児島県出水産の焼のりは、伝統的な支柱干出式という方法で作り、酸処理を一切しません。
海と太陽の恵みをたっぷりと受け、健康的で柔らかく、風味豊かな質の良い海苔をぜひお召し上がりください。

<幻と言われるあさくさ種>
葵は、”幻のあさくさ種”と言われる、今では大変貴重な品種で作った焼き海苔です。
海の汚染が進む現在、それでも鹿児島県・出水市では「本来の海苔の美味しさを味わってほしい」と、育成が難しいながらも毎年挑戦されています。

現在主流の”すさび種”で作った「華」「雅」「薫」も、もちろん美味しいのですが、”あさくさ種”の、芳香な海苔の香り・口どけの良さは、他では味わえません。

極上の最高品質の海苔をどうぞぜひお試しください。

ご購入はこちら

 

海苔 修正

<年始のお買物に>【河地さんの自然栽培七草粥セット】

【河地さんの自然栽培七草粥セット】

七草とは、人日の節句(1月7日)の朝に、7種の野菜が入った粥を食べる風習のこと。
歴史は江戸時代からと言われます。
七草は、早春にいち早く芽吹くことから邪気を払うといわれました。
そこで、無病息災を祈って七草粥を食べたのです。

七草はいわば日本のハーブ。
そのハーブを胃腸に負担がかからないお粥で食べようというのですから、正月疲れが出はじめた胃腸の回復にはちょうどよい食べものです。
また、あっさりと仕上げたお粥は、少し濃い味のおせち料理がつづいたあとで、とても新鮮な味わい。

ピュアリィが提案する七草粥は、自然栽培歴30年以上の御船町河地さんの自然栽培七草。
せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろの詰め合わせでお届けします。

2017年は、河地さんの自然栽培七草粥で無病息災を祈願しませんか?

ご購入はこちら

 

七草粥セット 四角

<今季初物!>【100%自然栽培みかんを使用したみかんジュース】

【100%自然栽培みかんを使用したみかんジュース】
<熊本県天水町吉田さんの自然栽培温州みかん皮ごと丸絞り>

お待たせしました!
大人気商品ピュアリィオリジナルの自然栽培みかんジュースが入荷しました。

熊本県玉名市天水町・吉田勝也さんの自然栽培温州みかんを100%使用。
皮から丸絞りし、保存料や添加物などは一切使用していません。

自然栽培みかんを皮から丸絞りしたからこその濃厚な甘さが特徴。
自然栽培みかんの美しさがいっぱいに詰まった贅沢なみかんジュースです。

年末年始のお集まりにぜひ、いかがでしょうか?

ご購入はこちら

吉田さんみかんジュース■

<入荷>【自然栽培一本 菊陽町上野升久さんの自然栽培さつま芋】

【自然栽培一本 菊陽町上野升久さんの自然栽培さつま芋】

気鋭の自然栽培農家 上野さんの自然栽培さつま芋が入荷。
上野さんは、通年を通じて様々なお野菜を出荷している、頼れる若き生産者さんです。

新規就農されて5年目。
ピュアリィと出会い、最初から自然栽培一本で営農されています。

「ピュアリィの存在と自然栽培を知ってから”これやりたい”って直感で思ったんですよね。」
笑いながら話されるその姿の奥には、崩れることの無いであろう固い決意が見えます。

ただ、始めた当初は「全然ダメでした。」
見よう見まねで始めた玉ねぎは、2年間全滅だったとのことです。

それでも、その失敗も前向きに捉えられ、ピュアリィ主催の講演会や自然栽培全国普及会の研修などにも積極的に参加。
「今では『土づくり』の大切さを、この失敗で学ばせてもらいました」と、確実に進化を重ねています。

「今年のさつま芋は甘さが乗って、とても美味しいです。」
その上野さんの言葉に釣られて、早速頂いて焼き芋にしてみました。
一口食べて、その美味しさに驚き。
甘さが乗っていてて、それでいてほっくほく。
焼き芋はもちろん、蒸かし芋でもスイートポテトにしても、美味ですね。

上野さんの自然栽培さつま芋。
食べ頃を迎えています。

ご購入はこちら

上野さんさつま芋 四角 修整

Entry~最新記事~

Category~カテゴリ~

Archive~アーカイブ~

Feed~RSSで購読~