ピュアリィ代表反後人美のブログ

上海へ ママ&ベビィプロジェクト発進

《 上海へ!ママ&ベビィプロジェクト発進》

〜私は、世界中のママとベビィを幸せにしたい〜

1年2カ月前に初めて訪れた上海で、私はそう思い、必ずそうするから!と案内してくれた彼女に約束をした。

地震からもうすぐ3年。あまりにも日々いろいろなことがあり過ぎる。でも、見失わなかった。

私は、何のためにこの仕事を始めたの?

それは、毎日お店を訪ねてくれるような、小さな子どもたちや、ママ(女性)たちの笑顔を見たいから!

ママや赤ちゃんを幸せにしたい

私は、そのためにこの仕事と出会ったんだと。

そして「反後さん 離乳食を作ってください!」国内外の何人もの方からリクエスト。よし!まずは
「自然栽培の離乳食」を作ろう!

そう!今届けたいものを、自分で作り、自分の手で届けに行こう!そう決めたのだ。

それから、私の試行錯誤が始まった。でもそう決めたらアットいう間(笑)早いのだ。

材料 機械 の手配etc トントン拍子で完成!
でも、支えてくれるスタッフは、反後のスピードについてくるのは大変です(笑)

さあ、まずは上海へ!約束した彼女達に私はその試作品を届けに行く旅へ

私を支えてくれる20代女性通訳のSaori、PURELYスタッフ最年少19歳のHaruka、そしてMy daughter 16歳karin と一緒に、大陸を感じに行こう!一緒に届けに行こう!

1年2ヶ月ぶりに訪れた上海は、またドンドン進化。10代20代の彼女らにも大きな感動をもたらした☆

そして、約束を守って「贈呈」
上海で待ってくれていた、2人の女性は、本当に素晴らしい女性たち。
私たち日本から訪ねた4人と彼女たちとは、3泊4日の旅を10倍くらいに充実させて、しっかりと「友情」で結ばれた。

今作りたいものを、今自分で作る。
今届けたいものを、今自分で届ける。

私は、ママ&ベビィプロジェクトを発進した

続く

たくさんのメッセージありがとうございました

《 Happy birthday! たくさんのメッセージありがとうございました 》

まもなく、日付が変わろうとしています
たくさんの皆様に、こんなに心温まるメッセージをいただき、感激してます! 本当にありがとうございますおかげさまで57歳になりました。

「これから生まれてくる新しい生命から、今この時、旅立とうとなさる生命まで」

その尊いすべての生命に、少しでも寄り添い、

また、どなたにも「幸せになって頂ける」お手伝いを、これからも続けていきます。

あと2年、還暦を迎える前までに、3つの目標を立てました。
1つ1つ、確実に進みます。

どうぞ、皆さま、これからもよろしくお願いします

また、お時間いただき、お1人ずつ、お返事を差し上げたいと思います。
どうぞよろしくお願いします

「心より、心よりありがとうございました」

2018年 12月 11日 深夜(笑)反後人美

 

5年経って

「自然治癒力を高めて大往生!」

最もオススメの生き方である

5年経って、さらに内容が現実味を増した!

ガンなど病気が蔓延し、クスリと健康食品が溢れている
ますます料理する人も減っているなあ
早くその中から抜け出して!

健康な体は、
自分で作(れ)るものです!

その第一歩は、自然でおいしいもの、環境にいいもの負荷をかけないものを買う!食べる!買い物(選択肢を増やして) 変える!

自分の意思をハッキリ持って!生き方を変えて!

健康に笑って楽しんで大往生

 

知らなかった!

知らなかった!

長寿県だと思っていた沖縄県が、1960年代からの食の変化によって「短命化」
沖縄の取組みを、全国の取組みへ!
運動ももちろん大事だけど、まずはやっぱり「食」

人生100年時代なんて、結局は、そのお世話をしたり、これからの日本を担う世代が「短命化」していくのでは、まさしく「絵に描いた餅状態」

日本に迫る 「短命化社会」

あきらめない!続ける!

あきらめない!続ける!
「14年かけた想いの結集!将来の子どもたちのために、どうしても作りたかった!」執念デス(笑)

2003年ナチュラルハーモニーの河名さんたちに教えてもらった「蔵付き天然菌の味噌」私は、どうしても九州で作りたかった。

九州で育った大豆、米、麹、で作りたい。

ナチュラル、オーガニック、環境保全、色々な目的で作った店、「PURELY」
「いのちを大切にする社会をつくりたい!」と願いを込めて。

でも…どこかで、もしかしたら「今のように」環境は悪化して、先行きが不透明な時代が来ることも、イヤだけど予測していた。

だから、日本で天然菌の味噌蔵は、1ヶ所にまで減っていた2003年 当時、本気で考えた。

「自然栽培の作物&天然菌」の味噌を、九州で作って、いつか、自然災害などでどんな時代が来ても、その時代のママや子どもたちが、「この菌があってよかった!」といえるようにしておきたい!と。

そこから、遥か14年。ようやく辿りついた「味噌の完成」
でも、内田さんが言うように、まだわからない。

農家さんが種採りを続けて、そのタネと土と調和して行く過程に、さまざまな道のりがあるように、菌も生きもの。

ここまでは来た!これからです!

14回めの収穫祭
「今までの14年の中で一番楽しかった」そう口々に言ってくださったことが、とても嬉しかったです
最終日も陽が落ちるまで、話題がたえず「交流が続きました」

参加していただた、皆さま。そして来れなかったけど、心から応援してくださったみなさま。

ほんとうに、ありがとうございました

みなさまのお陰で、今日も笑顔で元気いっぱいです(笑)

PURELY 反後人美

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第14回収穫祭でした♪

〜ありがとうございます〜
14回めの収穫祭たっくさんのお客さまと、生産者のみなさんにお越しいただきました!「おめでとう」って!感激デス
「小善シェフのフレンチに味噌!料理教室」
「手作り シャボン玉石鹸」
「ナチュラルライフ 相談室」
「天然菌活!]

どのイベントも大好評!!