ピュアリィ代表反後人美のブログ - 5ページ目

楽しかった〜うれしかった

楽しかった〜うれしかった

昨夜は、自然栽培みかん池田 道明さんの奥さま
池田由美さんの「第37回くらしの工芸展 グランプリ受賞」をお祝いしました

九州各地から、日本の自然栽培を牽引するリーダーさんが奥さまも一緒に参加してくださって、とにかく「自分のことのように喜んで」お祝いしてくださいました

環境や健康を第一の目的にされている皆さんです!ヤッパリさすがですね

あらためまして「池田由美さん」おめでとうございます

お客様各位【重要なお知らせ】ピュアリィオリジナル卑弥呼味噌 異物混入のお詫び

令和元年9月23日

 

お客様各位

 

かねくら株式会社

代表取締役 反後人美

 

ピュアリィオリジナル卑弥呼味噌 異物混入のお詫び

 

謹啓 仲秋の候 皆様にはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

日頃は格別のお引き立てを賜りまして、厚く御礼申し上げます。

 

過日、お客様から、弊社ナチュラル&ハーモニックピュアリィ店でご購入頂きましたお味噌に、異物が混入していたとのご指摘を頂きました。その異物を、㈱再春館安心安全研究所にて検査して頂き「検体は、小石のようなものである可能性が考えられる。また、安全性に懸念を生じさせる特段の毒性影響は低い」という結果を得ました。

それを受け、社内で、原料、製造工程を検証した結果、原料であるお米を社内作業所にて選別精米する過程で、選別機の標準値を超えた量のお米を使用していたことにより小石が混入していたことが判明しました。よって、それを標準値に戻し、改善するまで検証を行い、現在は順調に稼働しております。

ご指摘頂きましたお客様には、大変ご心配をおかけしてしまいましたうえに、ピュアリィ店まで当の商品をわざわざお持ちいただくというご足労をおかけしてしまいました。大変申し訳ございませんでした。お客様が召し上がられるものにそのようなものが入っているなど、あってはならぬ失態であったと猛省しております。

また、製造元の卑弥呼醤院様にも、大変なご心痛とご心配をおかけしましたことも、この場をお借りしまして、心よりお詫び申し上げます。

今後は、二度とこのような事態が起こらぬよう、作業員の分担作業やそれぞれの作業場所の見直しを励行してまいります。お客様方へのご報告が遅くなりましたことを深くお詫び申し上げます。大変申し訳ございませんでした。

 

検査結果につきましては、下記にて詳しくご報告申し上げます。

また、これまでご購入頂きましたお客様には、大変ご面倒をおかけ致しますが、誠心誠意対応させて頂きますので、まずはご連絡頂けましたら幸いでございます。何卒宜しくお願い申し上げます。この度の不始末につきまして、衷心よりお詫び申し上げます。

 

謹白

 

〇問い合わせ先

ピュアリィ宅配

tel : 096-288-1561

fax : 096-288-1562

mail : toiawase@nh-purelyshop.com

 

ピュアリィ店頭でご購入のお客様

TEL:096-323-1551 営業時間(10:00-19:00 水曜定休日)

 

〇該当商品

 

<商品名>ピュアリィオリジナル卑弥呼味噌

<内容量>700g

<賞味期限>

2019年03月31日、 2019年05月31日

2019年08月31日、 2019年11月30日

<商品番号(通販サイト利用時のみ)>

20181020-700 、 2019082401

 

 

<商品名>ピュアリィオリジナル卑弥呼味噌

<内容量>400g

<賞味期限>

2019年03月31日、 2019年05月31日

2019年08月31日、 2019年11月30日

<商品番号(通販サイト利用時のみ)>

20181020-400

 

《 今 世界中が注目していること 》

農水省は10年前から米国などから輸入される小麦のほぼ全量からグリホサートが検出されたにもかかわらず、小麦商品の調査すらしなかったのです。

最近、日消連で調査したところ日清製粉等大手3社の小麦粉等からグリホサートが検出されたのです。

グリホサートは癌になるだけでなく、脳神経を直接侵すものとして、米国では発達障害の原因のひとつだと指摘されています。

(文中より)

サイトはこちら↑

顔が見えない輸入農産物に頼りきった日本人は、
「自分の健康を売っているようなものです!」

「癌が増えた!」と対処に翻弄されるより、
原因を突き止めて、1つ1つ変える❗️

「病気になるものは、食べたくない!」
そうハッキリ言える日本人になる。

 

《 愛知 三重 岐阜 1泊2日 弾丸出張!》

4:00起床 7:11発 新幹線を乗り継ぎ、11:30名古屋着。
3県の主要なお取引先などに研修へ
まずは、愛知県幸田町 「シャボン玉石鹸と自然栽培の店 にんぽう倶楽部」さんへ。
代表 杉浦 法行さんの自然栽培の畑〜お店も木の香りタップリ奥さまはじめスタッフのみなさんの温かさは、いつまでもそこに居たくなるステキな空間でした
今回 同行していただいたのは、シャボン玉石鹸の高橋専務と、加藤さん。杉浦さんのBMWで安全に、三重県に移動!ありがたいことに伊勢神宮で参拝もすることができました。
宿泊は、志摩市波切の「槇之木」ここもすべてアメニティグッズは「シャボン玉石鹸」
代表 園村 潤シェフのお料理も、自然栽培や、こだわりの調味料 づくしはチョー美味 晴美 ご夫妻の笑顔に弾丸ツアーも癒されます。
今日は、かつお節の「天ぱくさん」を訪ねて、貴重な「燻す」「カビつけ」の工程を説明していただきました!若い女性スタッフさん一生懸命お話しいただきました。
そして約3時間半の移動で岐阜県養老町へ
まったく薬に頼らずおいしいお水を作ってくださる
(株)養老ビバレッジの勝原 正 代表を訪ね その水が誕生したご苦労話をお伺いし、感動しました。
無処理の工程を、1つ1つ丁寧に説明していただき、
「水を買う時代になった以上、ほんとうに信用できる誰から、どこから買うのか?を問われていますね!」と、心から納得のいくお話でした。
関ヶ原にある自然栽培の畑もご案内いただきました。
1泊2日の出張から帰路の新幹線の中です。
今回もたくさんの学びをいただくために、初めて伺うところばかり多くの方々にお世話になりました。
この経験を活かします!
心より皆さまありがとうございました。

 

 

堀内製油さんへ

今日は、熊本氷川町の堀内製油さんへ
創業以来70年、変わらぬ圧搾製法で 菜種油、ごま油、えごま油、つばき油の製造販売をされています。

お爺様の残された数々の偉業を大切にされて、古いものを活かして、本物を作り続けていらっしゃるご家族の愛に感動しました

いいもの、本物を大切に使い続けたいですね
堀内さん これからもどうぞよろしくお願いします

 

Entry~最新記事~

Category~カテゴリ~

Archive~アーカイブ~

Feed~RSSで購読~