2017年09月のアーカイブ

<入荷!!>熊本県冨田親由さんの自然栽培さつま芋

<入荷!!>熊本県冨田親由さんの自然栽培さつま芋


熊本県菊池市七城町。
日本有数の米処として全国的に有名なこの地で、自然栽培の稲作・畑作に長年取り組む冨田親由さんはいます。自然農法の祖である、岡田茂吉氏の教えに感銘を受け40年前より無肥料・無農薬のお米作りをされています。

冨田さんの自然栽培さつま芋は「驚く程、甘い!」などという訳ではありません。
どちらかというと、やや甘さは控えめです。
でも、蒸したさつま芋はとってもホクホクとしており、優しい甘さが特徴です。
これが、肥料すら使わず、自然のリズムでゆっくりと育った自然栽培のさつま芋の美味しさなのでしょう。

おやつ代わりに自分の子供に食べさせたくなる、そんな安心した美味しさです。
蒸し芋、焼き芋以外にも、天ぷらや炊込みご飯、お味噌汁に入れてお楽しみください。

▼商品の詳細はこちら

<入荷>【山田さんの自然栽培豆板醤 】

 

【山田さんの自然栽培豆板醤 】

<木桶仕込み・天然菌発酵の超こだわりの逸品>

 

鹿児島県垂水市で農業を営む山田一生さん。
「かえるすたいる」という可愛らしい屋号で、一家6人のご家族で無肥料・無農薬栽培の自然栽培、加工品、ゲストハウスを運営されています。

山田さんの豆板醤は、原料から全て手作りです。
そら豆は耕作放棄地を自身で開墾された畑に、無肥料・無農薬・自家採種の自然栽培で作りました。
塩は、鹿児島湾の海水を汲み、自身で釜炊きした天然釜炊き海塩。
唐辛子はご近所の方の有機栽培のものです。

味噌は、ご自身で作られている自然栽培米(無肥料・無農薬米)と、無農薬・自家採種の知人の鹿児島県産有機栽培大豆、そしてなんと天然菌発酵の自然栽培米麹作られていました!
お米・大豆・米麹ももちろん全て自家製です。
天然菌は自然栽培米の稲穂からご自身で自家採種したとのこと。
天然菌で作った味噌・米麹は、私たちといえどもなかなか見ることができません。
九州で成功された蔵元はほとんどない状況です。
カエルスタイル山田さん、恐るべしこだわりです・・・!!

そんな大変貴重な天然菌の味噌・米麹を使った山田さんの豆板醤は、一口食べるとピリッとした絡みの奥に、天然菌が織り成す深いうま味を感じます。
お料理のアクセントに使えば、料理の味が引き立ち、大変美味しく仕上げることができます。
一般的な豆板醤より辛みが抑えられており、うま味が強く仕上がっていますので、そのまま暖かいご飯の上にかけてとっても美味しいですよ。
レストラン料理人の柳原氏も絶賛の豆板醤です。
麻婆豆腐にはもちろん、味噌汁の隠し味、炒め物、ご飯のお供、サラダなどにお使いください。

 

▼商品の詳細はこちら

今年の初モノ みかん🍊が来た〜

今年も、みかんの季節がやって来ました!!

初モノが、自然栽培 池田 道明さんのミカンなんて、すごく幸せ

みずみずしく、スッキリとした甘さでした

池田さんのミカンをはじめとして、自然栽培の作物がこれから旬を迎えて次々と登場ですよ〜!!

自然栽培農家のみなさん、今シーズンもどうぞよろしくお願いします

進化し続ける 自然栽培 ‼️

九州の若手農家たち、宮崎に集結!
1泊2日の研修は、雨→晴れという絶妙のコンディション。

台風18号で大雨に見舞われた宮崎県田野町。
川越 俊作さん代表のグループ「八重桜会」のみなさんの畑を訪ね、また、川越さん自身の、13年〜15年の土づくりの変遷の畑を見せていただき、活発にディスカッション

ピュアリィは、事務局としてお世話させて頂きましたが、
私も、川越さん達とご縁を頂いてから、約10年。毎年訪ねるたびに、次々と課題を克服しながら、前進して来られた八重桜会のみなさんの畑の土、その変化に、心から感動しました!!

自然栽培の土「柔らかく、温かく、水はけよく、水持ちがいい」その「団粒」と呼ばれる、土に触れ、改めて「この状態こそが、肥料、農薬を必要としない自然栽培、そして、理想とする、真の自然農に近づいていく。あの野菜達に出会える元!だ」と、ますます確信できた2日間でした!

自然は、やっぱり素晴らしいです!自然こそすべてを物語る。教えてくれる。自然は偉大です!
そして何より、生活を成り立たせながら、その「自然栽培」へと向かい続けてくださる、若手〜ベテランの農家さんたちに感謝です。

私たちピュアリィは、これからも、次世代につながる農業のために、細やかに、そして大胆に活動の幅を広げていきたいと思います!

ここでは、研修のすべてを語りつくせませんが、これから、セミナー、ブログ、店頭など各所でお伝えし続けます。

参加していただいた農家さん達👨‍🌾本当にありがとうございました

<初物!!>【竹嶋有機農園の有機栽培リンゴ】

<初物!!>【竹嶋有機農園の有機栽培リンゴ】

青森県南津軽郡藤崎町。
青森県は日本のリンゴ生産量の50%を占め、藤崎町はリンゴの主力品種ふじが生れた町です。
そこに、りんご生産者の中では「知らない人はいない」と言われる竹嶋有機農園があります。
竹嶋有機農園代表の竹嶋さんは、「ミカドドロバチ」を使って防虫や受粉させることで、限りなく農薬を使用しない栽培方法を確立した草分け的存在です。

蜂と草と太陽と水。
自然の循環で出来上がった竹嶋有機農園のリンゴは、一口齧ればその美味しさにきっと驚かれるはず。
口一杯に広がるリンゴの爽やかな甘みと香りをお楽しみください。

▼商品の詳細はこちら

<入荷>【鹿児島県山田さんの手作り自然栽培梅干し】

【鹿児島県山田さんの手作り自然栽培梅干し】

<自然栽培の梅・塩、自家製釜炊き海塩・天日干し>

 

鹿児島県垂水市で農業を営む山田一生さん。
「かえるすたいる」という可愛らしい屋号でご家族で農業、加工、ゲストハウスと精力的に取り組んでいます。

この梅干しは、無肥料・無農薬の自然栽培の梅を、自然栽培紫蘇と海水を釜炊きした海塩で漬け込みました。

梅はもちろん、紫蘇、塩まですべて山田さんの手作りです。
余分なものは一切入っていない山田さん手作りの梅干しは、一口食べれば梅干しの果肉のうま味と酸っぱさが口に広がります。

 

▼商品の詳細はこちら

<初物!!>【熊本県玉名市玉東町 池田道明さんの自然栽培みかん】

【熊本県玉名市玉東町 池田道明さんの自然栽培みかん】

<極早生が待望の初入荷!!!!>

 

熊本県玉東町で自然栽培に取り組む池田道明さんの自然栽培みかん。
池田さんは、代々続くみかん農園を、2009年から徐々に自然栽培に切替えていきました。
そして、2015年より全農園を自然栽培に切替られ、その偉業は全国的にも大変有名な方です。

通常、果物などの果樹は農薬・肥料を野菜以上に大量に使用します。
みかんは収穫まで40回以上散布すると言われています。
池田さんは、「子供でも安心して食べられる美味しいみかんを作りたい」という想いのため、度重なる病虫害に試練を乗り越えられながら、続けてこられました。
池田さんの自然栽培みかんは、爽やかな酸味と、それを包み込むような優しい甘味が特徴。
一口食べてみれば、その美味しさにきっと感動されることでしょう。

食べ過ぎ注意。
だけど、いくら食べても体に優しい池田さんの自然栽培みかん。

極早生品種のひのあかりが、数量限定で発売開始です!!

▼商品の詳細はこちら

<初入荷>【熊本県植木町高木さんの自然栽培スイカ】

<満を持して、15set限定で入荷します!!>
 
スイカの名産地、熊本県植木町。
そこに、お父様の代からスイカ農家である高木努さんの自然栽培スイカ畑はあります。
 
高木さんは、長年、小松菜・水菜などの自然栽培に取組み、今年から満を持して自然栽培スイカへの取組みを開始。
スイカの自然栽培は、全国的にもほとんど成功者がいません。
自然栽培は、ただの放任栽培ではありません。
 
自然の法則にのっとり、牧草系の草で土を耕し、土を作り、適切なタイミングと方法で耕うんを行います。
高木さんは、スイカの自然栽培に取り組むために、自然栽培の土づくり、技術論、考え方を学び、他の野菜で実践し、研鑽を重ねて来られました。
 
「今年は初めて自然栽培のスイカに挑戦した年。まずはお試しで多くの方に食べて欲しいです」という事で、一般的なスイカとほぼ同じ価格帯で特別に卸していただきました。
 
無肥料・無農薬で大変な手間が掛かっており、数に限りがあるので15セット限定です。
無くなり次第、完売・来年入荷となりますので、お早めにご注文をお待ちしております。
 
 
▼高木さんの自然栽培スイカの詳細はこちら