2018年03月のアーカイブ

【「シリカファームしすい 夢みるく・ドリンクヨーグルト」価格・容量変更のお知らせ】

【「シリカファームしすい 夢みるく・ドリンクヨーグルト」価格・容量変更のお知らせ】

 

平素よりナチュラル&ハーモニック ピュアリィをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

この度、ここ数年の消費税の引き上げや物価上昇、配送業者の運賃値上げに伴う資材・燃料費の高騰により4月1日より以下の通り価格が変更となります。

シリカファームしすい様は、1991年より熊本県内初となる「酪農家が牛乳の製造・販売までを一貫して行う直営工場」としてスタートし、「このおいしい牛乳を届けたい」という一心で実現されてきました。

また、出来る限りお客様のお買い求めやすさを優先した価格帯で販売していきたいと、価格維持に努めておられました。

しかし、これ以上は限界と判断され、このたび価格の変更を実施させていただくことになりました。

皆様のご負担に対し、心よりお詫び申し上げます。

 

今後も、安全で美味しい商品をご提供できるよう商品開発、産地開拓に取り組んでまいります。

何卒、ご理解ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

 

 

※価格は税別です。

ピュアリィ産地訪問記 3/27

こんにちは、産地担当の舩水です。
本日は熊本県玉東町で自然栽培に取り組む西田淳一さんの果樹園を訪ねました。
現在販売中の自然栽培紅八朔をいただいた後、花盛りとなっている自然栽培桃、プラムの圃場を案内していただきました。
可愛らしい桃の花ととてもいい香りが果樹園を包んでいました。
毎年、6月に収穫される桃、プラムですが今年は花付も良いようで、すでに収穫が楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピュアリィ産地訪問記3/26

こんにちは、産地担当の舩水です。
桜の見ごろになり春らしい日が続きますね。
本日は熊本県御船町の河地和一さんを訪ねました。
温かくなり、葉物野菜が花芽ができる中、自然栽培のカブ、水菜、大根、ふだん草等のベビーリーフがすくすくと育っていました。
ベビーリーフは、これから店頭販売とピュアリィ宅配お野菜セットに入ってくる予定です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

香港 シンガポール3泊5日

ただいま〜❣️香港 シンガポール3泊5日😅
ビジネス&娘の卒業記念の旅

オーガニックでは、残念ながら後進国の日本から、PURELY 海外進出への可能性を広げたい❣️
4ヶ月前の上海に続き、西へ 南へ

有能な通訳の方のおかげで
限られた時間をフルに活用
PURELYの実績と可能性をしっかりと伝えられた。

海外は、organic&natural マーケットは広く
また、日本のモノ🇯🇵への信頼も厚い。

今回は、行く先々で、活躍する日本女性のpowerと人間性の高さに たいへん感動、助けられた!

そして 今回の大きな収穫は、上海 シンガポールで
多角的にorganic事業展開されている企業とのコラボレーションを約束できたこと❗️

お互いの起業のきっかけから、現在の事業内容が、ほぼ同じことをやっていることを確認。お互いがめざす目的も同じ!

これから、モノだけでなく、産地 お店や体験をとおしたエコツアーなど、シンガポール 上海 日本人の交流もしていきながら、
さらに こういう価値観を広げていきましょう(^^)!
そんな素敵なお話もできました❣️

3泊5日は、ハードスケジュールではありましたが、大きな収穫を得られました(^^)詳しくは、また反後のセミナーでもお伝えしていきますね〜ほんとうに動く❗️ことの大切さを感じた3泊5日でした😄

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<入荷>【福岡県朝倉市岡部さんの自然栽培かつお菜】

<博多の伝統お野菜です>
 
福岡県朝倉市岡部さんの自然栽培かつお菜が入荷!
かつお菜とは、アブラナ科の高菜に似たお野菜で、博多の伝統野菜です。
 
かつお菜の名前の由来は、「煮るとお魚のカツオのように「旨味」がでるから」という説があります。
実際にお味噌汁に入れると、お出汁を必要としない程、うま味がでます。
食味は、高菜の様にちょっと苦みがあり大人な味ですが、それが癖になる美味しさ。
お浸しにするとあっさりして美味しいですし、煮物や炒め物にも最適です。
 
古くから日本人が食べていた伝統野菜・かつお菜。
ぜひ、一度ご賞味ください。
 

【稲本さんの自然栽培米アキタコマチ スタッフ感想】

【稲本さんの自然栽培アキタコマチ スタッフ感想】

 

3月は、八代市稲本薫さん月間です。

「皆さまに、もっともっと稲本さんの自然栽培米を知ってほしい!」という想いから、実際に食べ続けているスタッフの感想を紹介したく思います。

第三弾は、宅配スタッフ草野です。

 

■稲本さんアキタコマチの感想 

あっさりとした食味ですが、噛みすすめるほど味わい深い感じがします。

私は間食用でシンプルにおにぎりにして毎日1個バックに忍ばせています。本当に美味しい!やめられません。

 

■食べ続けての年数・変化・感想・体感 

年数:1年半

変化・体感:

私事ですが30代前半に胃の三分の二を摘出する手術をしました。私はお米が大好きで、道の駅などで販売されているやや高めのお米を食していましたが、茶碗一杯を食べるのがやっとで、食後の胃にずっと違和感がありました。

自然栽培米に出会ってからというと、そのすっきりとした味わいが体にあったのか、何杯食べても胃の負担にならず、前記した通り、間食で持ち歩くほどで、何より体重が一定以上増えなくなりました。

これは嬉しい誤算でした。

先日、稲本さんに九州・熊本で「なぜアキタコマチ」に取り組まれたのか尋ねてきました。

熊本といえば「ヒノヒカリ」というほど馴染み深く、もちろん稲本さんも作られています。

ヒノヒカリは高温障害にあまり強くなく、稲本さんも大変ご苦労をされた時期があり、東海大学・故片野學教授の勧めで取り組みをはじめられたところ、稲本さんの圃場のある八代の地にすごくあったということでした。

お邪魔した日の数日前から今年の田植えに向けて、準備を進められていました。

また昨年より援農の一環として稲本さんの圃場で田植え体験と収穫体験もさせていただいております。

 

35年以上、無肥料・無農薬の貴重な稲本さんの自然栽培米。

ぜひ、一度お試しください!!

 

▼商品の詳細はこちら