2018年07月のアーカイブ

日替わりケーキ

こんにちは。

ピュアリィレストランです。

日替わりで数種類手作りケーキをご用意しております。

店頭のショップでも販売しております。

数量限定です。

牛乳の代わりに豆乳を使って、砂糖はオーガニックシュガーです。

やさしい味をぜひ。

 

レストラン

open   ランチ11:30 ~14:00

カフェ14:00~17:30

台風による営業時間変更のお知らせ

いつもピュアリィをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

台風の影響により店舗におきまして営業時間の変更がございます。

【営業時間】

7月29日(日) 19:00にて閉店

お客様にはご不便をお掛けいたしますが、
何卒ご理解いただきますよう、宜しくお願い申し上げます。
足元など十分にお気をつけて、ご来店下さいませ。

ピュアリィ 青木
TEL:096-323-1551

 

季温8月号 「きゅうり」

こんにちは。企画広報の青木です。

2018年8月号の季温が出来上がりました。

今回のテーマは「きゅうり」

菊池市の小池祐生さんの圃場に伺いきゅうりの取材をさせて頂きました。

とっても立派でみずみずしいきゅうりのご紹介です。

他にも、

新作!!「ピュアリィオリジナルのレトルトごはん」

天野先生のモロヘイヤとおくらの料理

自然栽培青年部によるじゃがいも品評会

など

ぜひ、ご覧くださいませ。

写真をクリックしますと、サイトへ移行します。

生産者さん大集合!じゃがいも品評会!

こんにちは。

昨日、自然栽培をされている生産者さん7名とじゃがいもの品評会を行いました。

各自、栽培されたじゃがいもを持って来てくださり、

包丁の入り具合、同じ時間、同じ火力で蒸してそのまま試食し、その違いを皆さんで話し合われました。

同じ品種のじゃがいもでも、育ってきた環境によって個性があります。

固さはどうなのか、食感は?ホクホクしているのか、など。様々な意見が飛び交いました。

どの生産者さんのじゃがいもも美味しく、甲乙つけがたいのですが、

他の生産者さんより土づくりを何年も試行錯誤されている、一番歴が長いじゃがいもは皆さん揃って一番美味しいと言われていました。

どうやったら美味しいじゃがいもを作れるのか、病気や、虫の話、水害の被害にも遭われた生産者さんの話も。

生産者さんの努力や大変さ、思いを深く教わりました。

日々、試行錯誤し、意見交換して皆様へより良い物をお届けしたいと思います。

 

 

 

なぜ、自然栽培の食は、オススメなの?

なぜ、自然栽培の食は、オススメなの?
答えは、何年 経っても変わりません。
やっぱり普遍ですね

〜自然災害が続くからこそ〜
環境にもやさしい、
薬に頼りすぎない、
自然治癒力を高める、暮らしへ

 

3年前

今〜炭水化物ダイエットなどと言いますが…?(*^^*)
お米の本質を知った上で、語られているのか?
大変疑問があります

右の田んぼは、農薬化学肥料を使う一般栽培。
左は、松本 一宏さんの何も使わない自然栽培。
田植えは、同じ6月24日頃。
田植えと同時に施肥された右の田んぼの苗は、与えられるまま地上へ伸びています。
何も与えられない自然栽培は、待っていても仕方ない自分で取りにいくため、「現在、地下で根を張っていま〜す‼️」
ところが、この自根を伸ばすか伸ばさないかの育て方の違いが、これから、数週の間にどんどん出てくるのです(^-^)/ 根を張り終えると、
あと、数週間もすれば、間違いなく、一般栽培より、自然栽培の成長が追いつき追い越す日が来ます‼️
これが自然。自然の力
こんな、自然の理にかなった、パワフルなお米を、先人は主食として食べてきたから、粗食でも、体は例え欧米人に比べて小さくても、強い体と精神を育んんでいたのです(^-^)/

だから〜今〜炭水化物ダイエットなどと言いますが、
お米の本質を知った上で、語られているのか?
大変疑問があります‼️

野菜も同じです(^-^)/
この根を張り、種本来の力で元気よくおいしく育った野菜を食べる
これが「食の本質」なのです(^-^)/
野菜と、米を、この先人が大切にしてきた種と自然の力そのもので育った美味しいもの食べれるならば、
「添加」するように、各サプリメント、健康食品、何もいらないのです‼️
いったいそのにどれだけのお金をかけているのだろう?
そのお金があったら、どれだけの自然栽培米、野菜が食べれるかな〜(笑)

今こそ、賢くなって、賢いお金の遣い方をして
美しく、健康になりましょうよ〜

それが、世の中の絡み合った矛盾の糸を、一つずつ解いて、誰もが幸せなることだと思うよ〜〜*\(^o^)/*